So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

まとめてTweet 2018/02/22 [まとめてTweet!]


nice!(0)  コメント(0) 

まとめてTweet 2018/02/21 [まとめてTweet!]


nice!(0)  コメント(0) 

まとめてTweet 2018/02/20 [まとめてTweet!]


nice!(0)  コメント(0) 

まとめてTweet 2018/02/19 [まとめてTweet!]


nice!(0)  コメント(0) 

1月読書 [読書いろいろ]

年末年始のおやすみにマンガのまとめ読み。
友達から借りた本があほみたいに積んでいるので、がんばって消費しています。
借りたままずーーっと放置していた血界戦線にやっと手を伸ばす。
1月の読書メーター
読んだ本の数:48
読んだページ数:8891
ナイス数:295

水玉ハニーボーイ 5 (花とゆめCOMICS)水玉ハニーボーイ 5 (花とゆめCOMICS)感想
前巻でちらりとでも姫と七緒の恋を疑った私はアホだった。そして今回は本格的に仙石さんが恋に落ちた模様。西郷さんが可愛くて、また出てほしいな。
読了日:01月01日 著者:池ジュン子
水玉ハニーボーイ 7 (花とゆめCOMICS)水玉ハニーボーイ 7 (花とゆめCOMICS)感想
修学旅行編の後編。三女の珊瑚ちゃんも登場。いつ告るのかなぁ??
読了日:01月02日 著者:池ジュン子
三番町萩原屋の美人 (其ノ1) (ウィングス・コミックス)三番町萩原屋の美人 (其ノ1) (ウィングス・コミックス)感想
ウイングスで昔連載していた作品。読んでた頃だと思うが、全く覚えない。軽快で面白い。マリーさんの一言が重いね。
読了日:01月03日 著者:西 炯子
三番町萩原屋の美人 (2) (ウィングス・コミックス)三番町萩原屋の美人 (2) (ウィングス・コミックス)感想
だんだんとキャラが立ってきた。勘二さんがかっこいい。主役は誰だったっけ?
読了日:01月03日 著者:西 炯子
三番町萩原屋の美人 (3) (ウィングス・コミックス)三番町萩原屋の美人 (3) (ウィングス・コミックス)感想
おりんちゃんの大ロマンス野球大会。今回は萩原屋の面々は少し引いてサポート役。いいね、いい話だ。お茶の間マル得ショッピングコーナーも受ける。
読了日:01月03日 著者:西 炯子
三番町萩原屋の美人 (4) (ウィングス・コミックス)三番町萩原屋の美人 (4) (ウィングス・コミックス)感想
今回は上方からの三好登場。勘二さんとだし巻さんとの恋の行方も。勘二さん好き!
読了日:01月03日 著者:西 炯子
三番町萩原屋の美人 (5) (ウィングス・コミックス)三番町萩原屋の美人 (5) (ウィングス・コミックス)感想
上方商人三好のお話の後編。だし巻さんと勘二さんもめでたく収まる。セクレタリーは好きです。同一化したがるあの年の娘さんの心理がよく描かれてるなかなかの作品。
読了日:01月03日 著者:西 炯子
三番町萩原屋の美人 (6) (ウィングス・コミックス)三番町萩原屋の美人 (6) (ウィングス・コミックス)感想
兼森と島田のひ孫がタイムスリップして来る話。島田はひ孫も島田だった。帰省話は、切なくて…おみっちゃん、頑張れ!
読了日:01月04日 著者:西 炯子
『刀剣乱舞-花丸-』 2 (ジャンプコミックス)『刀剣乱舞-花丸-』 2 (ジャンプコミックス)感想
どうしてもマンガだとアニメのぶっ飛んだ感が表現出来ないのが残念かな?特にホストクラブのとことか。アニメで見てないところもあるみたいです。今週から2期楽しみ!一兄は3巻まで引っ張るのね。
読了日:01月04日 著者:橋野 サル
三番町萩原屋の美人 (7) (ウィングス・コミックス)三番町萩原屋の美人 (7) (ウィングス・コミックス)感想
ご隠居も美人も勘二さんもほとんど出ない7巻。どうする!おみっちゃん!!
読了日:01月04日 著者:西 炯子
三番町萩原屋の美人 (8) (ウィングス・コミックス)三番町萩原屋の美人 (8) (ウィングス・コミックス)感想
おみっちゃんは意外にもあっちを選んだ。セクレタリーとまた逆を行くかなめちゃんのお話。どっちも胸に着くところがあるわぁ。どっちも選べない自分とか、かまってちゃんな自分とか。
読了日:01月05日 著者:西 炯子
三番町萩原屋の美人 (9) (ウィングス・コミックス)三番町萩原屋の美人 (9) (ウィングス・コミックス)感想
いろんなものが盛りだくさんの川津製作所のお話。島津製作所取材か。なかなかいい話だった。
読了日:01月05日 著者:西 炯子
三番町萩原屋の美人 (其ノ10) (Wings comics)三番町萩原屋の美人 (其ノ10) (Wings comics)感想
兼森の株だけが下がった巻だった。ご隠居カッコいいなぁ
読了日:01月05日 著者:西 炯子
三番町萩原屋の美人 (11) (ウィングス・コミックス)三番町萩原屋の美人 (11) (ウィングス・コミックス)感想
海外留学編。島田がカッコいいのかクズなのか両極端すぎて謎。恋する乙女フィルターもかかってるかも。女の子が相変わらず可愛い。
読了日:01月07日 著者:西 炯子
三番町萩原屋の美人 (12) (ウィングス・コミックス)三番町萩原屋の美人 (12) (ウィングス・コミックス)感想
不穏な雰囲気漂う萩原屋。今回続くのか!マル得ショッピングが相変わらず面白い。
読了日:01月08日 著者:西 炯子
三番町萩原屋の美人 (13) (ウィングス・コミックス)三番町萩原屋の美人 (13) (ウィングス・コミックス)感想
ご隠居の若い頃の話へ。幾さんとの出会いと別れが、ご隠居さんが幸せそうなだけに辛い
読了日:01月08日 著者:西 炯子
三番町萩原屋の美人 (其ノ14) (ウィングス・コミックス)三番町萩原屋の美人 (其ノ14) (ウィングス・コミックス)感想
蝮編完結。人の縁って不思議だ。トモジ頑張って生きてくんだよ。
読了日:01月08日 著者:西 炯子
三番町萩原屋の美人 (15) (ウィングス・コミックス)三番町萩原屋の美人 (15) (ウィングス・コミックス)感想
エピローグだったかな?ご隠居といくさんが大好きだったから、最後に会えて良かった。
読了日:01月08日 著者:西 炯子
IPPO 4 (ヤングジャンプコミックス)IPPO 4 (ヤングジャンプコミックス)感想
最新刊を借りてきたので再読。ライバル登場とお父さん登場?靴を作ってもらうなんて贅沢、マンガでしか体験できません。
読了日:01月08日 著者:えすとえむ
IPPO 5 (ヤングジャンプコミックス)IPPO 5 (ヤングジャンプコミックス)感想
ゲイのカップルのお話から最終回へ。いいお話だった。うちの子のファーストシューズは下駄だったなぁ…
読了日:01月08日 著者:えすとえむ
結婚指輪物語(1) (ビッグガンガンコミックス)結婚指輪物語(1) (ビッグガンガンコミックス)感想
異世界転生ハーレムモノかな!大賢者様がいい味出してくれてる。私もいきなり異世界連れてこられてびっくりさ!姫の胸が好みです。
読了日:01月08日 著者:めいびい
結婚指輪物語(2) (ビッグガンガンコミックス)結婚指輪物語(2) (ビッグガンガンコミックス)感想
次はエルフの女の子。いろんな種族の娘を嫁にもらうんだ。だんだんエロ要素が強くなって来た。ドキドキ。
読了日:01月09日 著者:めいびい
死ぬほど読書 (幻冬舎新書)死ぬほど読書 (幻冬舎新書)感想
普段から大した本を読まない私ですが、そうだよねーと納得することも多かった。読めば読むほど、何も知らない自分に落胆し、もっと知りたいと思い、世の中の果てしなさに恐怖を感じることもある。本から知識を得たからこそ、実物の尊さを感じることもある。時には感情を吐きだす為に読むこともある。そんな風に思うのは自分だけじゃないんだ。腑に落ちた感がした。「読書に即効性はない」って本当にそう!読まない奴に限って即効性を求める。もっと大きい声で伝えてください〜
読了日:01月10日 著者:丹羽 宇一郎
ココ・シャネル (コミック版世界の伝記)ココ・シャネル (コミック版世界の伝記)感想
シャネルの創始者の話。女性の服ってこうやって進化して来たのね。シャネルのスーツは動きやすさが全然違うって聞いたけど、こう言う理念のもとに作られていたんだと知る。ココが、ディオールの服に「男性デザイナーによる男性が喜ぶデザイン」と憤るシーン。昔、田嶋陽子が「着物は男が手を入れるために身八つ口がある!」なんて言ってた(偏見かもしれないが)けど、今でも女ってそれに縛られてるにかもなぁ。後ろのシャネル本人の写真が素敵。成熟した女性って感じ。
読了日:01月11日 著者:久松 ゆのみ
まんがで読む 南総里見八犬伝 (学研まんが日本の古典)まんがで読む 南総里見八犬伝 (学研まんが日本の古典)感想
書架で遊んでいる南総里見八犬伝をプッシュすべく購入。ものすごいすっ飛ばしで、欲求不満に陥る。本編読みたい…もっと詳しく!!見事に策士策に溺れる状態。子らにはぜひ一歩踏み出して欲しいですな。
読了日:01月11日 著者:上地 優歩,小金瓜 ちり,柊 ゆたか
秋期限定栗きんとん事件〈上〉 (創元推理文庫)秋期限定栗きんとん事件〈上〉 (創元推理文庫)感想
初めはなんか別の作品みたいであんまり進まなかったけど、連続放火のあたりからじわじわと読み進められた。小山内さんが今まで以上に恐ろしい。下巻が気になって仕方がない。
読了日:01月12日 著者:米澤 穂信
結婚指輪物語 (4) (ビッグガンガンコミックス)結婚指輪物語 (4) (ビッグガンガンコミックス)感想
4人目は変化球で来ました。ツノとささやかな胸ですwマルスはここで退場?正統派まともな人だったのに…
読了日:01月12日 著者:めいびい
俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」として拉致られた件 1 (IDコミックス REXコミックス)俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」として拉致られた件 1 (IDコミックス REXコミックス)感想
なんかこう、だんだん肌色が多くなって行く系かな?
読了日:01月12日 著者:りすまい
俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」として拉致られた件 (2) (IDコミックス REXコミックス)俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」として拉致られた件 (2) (IDコミックス REXコミックス)感想
「この本、帯外したらかなり恥ずかしいね。」と高1長女に言われ、外してみたらかなり恥ずかしい。何故か脱ぐキャラが出てきた。肌色多いねー
読了日:01月12日 著者:りすまい
俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」として拉致られた件 (3) (IDコミックス REXコミックス)俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」として拉致られた件 (3) (IDコミックス REXコミックス)感想
なぞなぞが可愛かった。
読了日:01月12日 著者:りすまい
俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」として拉致られた件 (4) (IDコミックス REXコミックス)俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」として拉致られた件 (4) (IDコミックス REXコミックス)感想
最後にちょっとストーリー性がありそうな感じの展開になるっぽい感じが見受けられた。つらい…マンガでつらいんだもん、文字で読んだらもっとつらいのでは…最近のラノベってみんなこうなの?
読了日:01月12日 著者:りすまい
俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」として拉致られた件 5 (IDコミックス REXコミックス)俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」として拉致られた件 5 (IDコミックス REXコミックス)感想
全巻最後のストーリー性っぽい振りはどうした!白亜が可愛い。でも脱ぐのはいただけない。
読了日:01月12日 著者:りすまい
俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」として拉致られた件 (6) (IDコミックス/REXコミックス)俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」として拉致られた件 (6) (IDコミックス/REXコミックス)感想
思ったより早めに結婚話が出たな。見合いにあんな格好しないし、着物は胸出さないし、と言っても詮無いことを考えてみる。で、メイドの話は?
読了日:01月13日 著者:りすまい
俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」として拉致られた件 7 (IDコミックス REXコミックス)俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」として拉致られた件 7 (IDコミックス REXコミックス)感想
メイドの話はわからないまま幼馴染みが動き出すのか?
読了日:01月13日 著者:りすまい,七月隆文
俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」として拉致られた件 8 (IDコミックス REXコミックス)俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」として拉致られた件 8 (IDコミックス REXコミックス)感想
パンツが裏表紙に回った!幼馴染み登場!進むらしい
読了日:01月14日 著者:りすまい 七月隆文 閏月戈
俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」として拉致られた件 9 (IDコミックス REXコミックス)俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」として拉致られた件 9 (IDコミックス REXコミックス)感想
幼馴染みがとうとう乗り込んで来た。
読了日:01月15日 著者:りすまい 七月隆文 閏月戈
俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」として拉致られた件 (11) (IDコミックス REXコミックス)俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」として拉致られた件 (11) (IDコミックス REXコミックス)感想
やっと話が進んだなと思ったら、なんか全然違うことしてたりして
読了日:01月17日 著者:りすまい
小学校では学べない 一生役立つ読書術小学校では学べない 一生役立つ読書術感想
この文章を全て読める子は、もう読める子です…
読了日:01月17日 著者:齋藤 孝
異世界落語 1 (ヒーロー文庫)異世界落語 1 (ヒーロー文庫)感想
誰でも知ってるような元ネタを楽しくアレンジしている。なるほどなぁ、次はどんな風になってるのかな?と思いながら楽しく読んだ。柳家喬太郎さんが監修してる本格派。新宿末広亭に3巻が積んであった。
読了日:01月21日 著者:朱雀 新吾
コレットは死ぬことにした 9 (花とゆめCOMICS)コレットは死ぬことにした 9 (花とゆめCOMICS)感想
私はコツメの事諦めてたなぁ。ごめんよ。
読了日:01月23日 著者:幸村アルト
米澤穂信と古典部米澤穂信と古典部感想
書き下ろし短編を読みたくて借りて来た。やっぱりおもしろいよー!大好き!折木奉太郎!!
読了日:01月25日 著者:米澤 穂信
カレーライスを一から作る: 関野吉晴ゼミ (ポプラ社ノンフィクション―生きかた)カレーライスを一から作る: 関野吉晴ゼミ (ポプラ社ノンフィクション―生きかた)感想
なんとな手に取った1冊。知ってるつもりでなにも知らなかった。売ってる種が1代限りしか収穫できないなんて。スパイスにあんなに時間がかかるなんて。鳥担当の学生が殺すか殺さないかを話し合うところ、自分で育てた鳥を屠る学生、涙が止まらない。どんな思い、どれだけの決心だったんだろう?人生変わっちゃうほどのカレー作り。これぞ大学。関野ゼミの学生が羨ましい。
読了日:01月26日 著者:前田 亜紀
秋期限定栗きんとん事件 下 (創元推理文庫 M よ 1-6)秋期限定栗きんとん事件 下 (創元推理文庫 M よ 1-6)感想
面白かった〜!いつ元サヤ(?)に戻るのかやきもきするだけかと思ったけど、やっぱりミステリーが面白かった。瓜野視点を「いやいやそうじゃないぞ。」と訝しながら読んでしまう自分。小鳩くんがでてくると安心し、小山内さんが出て来て騒つく。たった1冊でこんな気分にさせてくれる米澤穂信が大好き!と改めて思った。
読了日:01月27日 著者:米澤 穂信
血界戦線 魔封街結社 (ジャンプコミックス)血界戦線 魔封街結社 (ジャンプコミックス)感想
いきなり始まって、どうしていいかわからないまま1巻終了。私、この作品についていけるのかが不安。
読了日:01月28日 著者:内藤 泰弘
血界戦線 2 世界と世界のゲーム (ジャンプコミックス)血界戦線 2 世界と世界のゲーム (ジャンプコミックス)感想
少し世界観についていけるようになって来た。そして面白くなって来た。具体的に感想を書けないの情けないが。アニメ先見たほうがいいぁなーあ?
読了日:01月28日 著者:内藤 泰弘
血界戦線 3 ―震撃の血槌― (ジャンプコミックス)血界戦線 3 ―震撃の血槌― (ジャンプコミックス)感想
よしよし、慣れて来た。あんまり世界観を把握しようなんて思わなくいいのね。アメリカンな雰囲気で楽しめばいいのふぁよ理解した。チェインが地味にいい子なのとスティーブンのホームパーティーがなかなかスマートで好き。ザップのマグナムは無事だったのだろうか?
読了日:01月28日 著者:内藤 泰弘
血界戦線 4 ―拳客のエデン― (ジャンプコミックス)血界戦線 4 ―拳客のエデン― (ジャンプコミックス)感想
きっとかっこいい場面があるんだろうな?と思ってたら、やっぱり来た!ギリベルトさーーーーーーん!!カッコいい!!(*゚▽゚*)
読了日:01月28日 著者:内藤 泰弘
血界戦線 5 ─Zの一番長い日─ (ジャンプコミックス)血界戦線 5 ─Zの一番長い日─ (ジャンプコミックス)感想
ネジの話があったかくて好きq
読了日:01月28日 著者:内藤 泰弘

読書メーター

nice!(0)  コメント(0) 

12月読書 [読書いろいろ]

だんだん本を読まなくなっている気が…
年末のマンガ消費ができなかったのがいたい…
12月の読書メーター
読んだ本の数:19
読んだページ数:2497
ナイス数:204

春期限定いちごタルト事件 (創元推理文庫)春期限定いちごタルト事件 (創元推理文庫)感想
氷菓っぽい感じだけど、雰囲気は全然違う。でも青春日常ミステリー。やっぱり米澤穂信はいいなあ。先は気になるので、次行きます。
読了日:12月03日 著者:米澤 穂信
メリークリスマスおおかみさんメリークリスマスおおかみさん感想
やっぱりいい作品です。楽しくてほっこり。何年も前に買いましたが、毎年大活躍です。今日は小2に読み聞かせ。
読了日:12月04日 著者:みやにし たつや
あのね、サンタの国ではね…あのね、サンタの国ではね…感想
絵がきれいです。サンタさんって普段はこんなことしてるのね。体重測定あるのか…厳しいな…
読了日:12月04日 著者:嘉納 純子,松本 智年,一色 恭子
サンタさんのいたずらっこリストサンタさんのいたずらっこリスト感想
小2にペープサート。この絵見たことあります。色合いがクリスマスっぽくないので、ちょっと新鮮。いたずらの理由は、情状酌量の余地がないものが多いが、した方とされた方がわかり合うのが大事かと。ぶっつけ本番のペープサートだったので焦った…
読了日:12月04日 著者:ローレンス デイヴィッド
戦国人物伝 北条早雲 (コミック版日本の歴史)戦国人物伝 北条早雲 (コミック版日本の歴史)感想
故郷の英雄北条早雲。早雲と呼ばれたのは、かなり後のことなのね。室町幕府辺りが非常に弱い私は、昔から「北条5代っていつの辺り??」と情けないこと言っていたが、いろいろ繋がった。韮山やら油壺やら懐かしい地名が出てくる。小田原城の裏山とは私が通ってた学校の辺りか??
読了日:12月07日 著者:静霞 薫,中島 健志,加来 耕三
空海 (コミック版日本の歴史)空海 (コミック版日本の歴史)感想
日本史の試験で「僧の名は?」という問題で、最澄、空海、鑑真辺りを書いときゃどれか当たるだろう。くらいにしか思っていなかった私ですが、あ、弘法大師ね!なるほど!!と繋がりました。「御仏の力を借りれば、書物の暗記など簡単だ」と言う怪しげな僧に、「空海逃げて!」とか思った私( ̄∀ ̄)
読了日:12月07日 著者:加来 耕三,静霞 薫
松尾芭蕉 (コミック版世界の伝記)松尾芭蕉 (コミック版世界の伝記)感想
俳句にもいろんな流派があるのね。きっとこの人がいたから、今でも私たちは気軽に五七五のリズムを楽しめるんでしょうね。芭蕉がいなかったら消えちゃった文化だったのかも…と思ったら、やっぱりすごい人なんだなぁと思った。
読了日:12月07日 著者:瑞樹 奈穂
戦国人物伝 細川ガラシャ (コミック版 日本の歴史)戦国人物伝 細川ガラシャ (コミック版 日本の歴史)感想
坂本龍馬が教科書から消えると新聞に載ったされた日に読んだ本。予約棚に置かれてているのを目にして、手に取る。名前しか知らない人でした。忠興様、お玉大好きじゃん!ダメよ!そこは大らかな心で受け止めてあげないと!…と途中から恋愛マンガのノリで読んでしまい、マジ泣きしてしまいました。(汗)教科書の歴史には出てこない人ですが、こう言う隙間に歴史の面白さがあるのよね。と言うわけで、宮本あや子の「ガラシャ」行ってきます!
読了日:12月13日 著者:すぎた とおる,瀧 玲子,加来 耕三
齋藤孝とつくる本 いますぐ書けちゃう作文力―子どもたちと、むかし子どもだった大人たち、必読! (斎藤孝とつくる本)齋藤孝とつくる本 いますぐ書けちゃう作文力―子どもたちと、むかし子どもだった大人たち、必読! (斎藤孝とつくる本)感想
やばい。かけるような気がするから不思議。どうしても身構えちゃう作文。こんな楽しく書けたらいいけど、だいたい真っ白な原稿用紙の前で立ちすくむによね。パソコンだとバンバン書けるのにね。
読了日:12月13日 著者:斎藤 孝
まんがで読む 源氏物語 (学研まんが日本の古典)まんがで読む 源氏物語 (学研まんが日本の古典)感想
勤務校の蔵書。超特急だが、要所要所は抑えてる感が。丁寧書いてくれてるので、かなり読むのに時間かかりましたとも。源氏物語に限らず、ジャパネスクなんかも含め平安時代ってこんな感じって知るのにもいいかも。今の子、平安時代って全く想像できないみたいだし。表紙のイケメン光の君にドキッとしましたが女性はやっぱり大和和紀だろう。軽い、軽すぎる。ここから是非「あさきゆめみし」、そして源氏物語に飛び立っていただきたいものです。読んでる最中に高1長女がやってきて、「お母さん、エロ本読んでんの?」って(>人<;)。
読了日:12月14日 著者:
けんかのきもち (からだとこころのえほん)けんかのきもち (からだとこころのえほん)感想
2年生に読み聞かせ。思ったより真剣に聞いてくれた。思いっきり読んだら、響いたのか茶化す子は少しだけだった。
読了日:12月15日 著者:柴田 愛子
夏期限定トロピカルパフェ事件 (創元推理文庫)夏期限定トロピカルパフェ事件 (創元推理文庫)感想
今回はほんわかと始まって、ズブズブと泥沼に落とされたような気分のお話だった。シャルロットの辺りはワクワクした。小鳩君と仲良くなれたので、ちょっとしたツッコミににやけてしまう。それにしても!!栗きんとん行くぜ!
読了日:12月15日 著者:米澤 穂信
戦国姫 鳥の巻 (集英社みらい文庫)戦国姫 鳥の巻 (集英社みらい文庫)感想
お花畑のようなふわふわおはなしかと思ったら、戦国姫と名がつくだけあってハード系のお話でした。ガラシャ 目的で読みましたが、小松姫が良かった。時代の流れに翻弄されるだけかと思いきや、どの姫も立派でした。女は女もイクサガあるって言いますが、本当にそうだったんですね。
読了日:12月18日 著者:藤咲 あゆな
ガラシャガラシャ感想
歴史マンガのガラシャからやってきました。マンガでは玉子ラブラブの忠興が子どもっぽく嫉妬深い感じでまた違った書かれ方をしていておもしろかった。(子ども向けじゃいろいろ制限があるんでしょうね)たぶん史実とは全く違う内容なんでしょうが、波乱の人生だったからこそこういういろんな描かれ方をするんでしょうね。気合いが続けば三浦綾子も行ってみようかと思います。玉子はきっといろんなしがらみから解放されて幸せだろうなぁという結末にほっとしたが、「うわぁ!だまされたー」という感じがなかったのが残念。
読了日:12月25日 著者:宮木 あや子
百姓貴族 (3) (ウィングス・コミックス)百姓貴族 (3) (ウィングス・コミックス)感想
ヤギ乳って流通してるんだ!!タンチョウヅルの教授がDSに入れてデータを持ち帰るってのが、なるほどーって思った。そうだよな。ハイジ逃げて!も好きです。
読了日:12月26日 著者:荒川 弘
宇宙兄弟(32) (モーニングKC) (モーニング KC)宇宙兄弟(32) (モーニングKC) (モーニング KC)感想
セリカさん地球帰還の巻。サンプルをFUJIに乗せる時のシーンは、セリカさんと一緒に一緒に胸が熱くなる。他のマンガじゃこうはいかない。よかったね!よかったね!お帰り!セリカさん!
読了日:12月27日 著者:小山 宙哉
百姓貴族 (4) (ウィングス・コミックス・デラックス)百姓貴族 (4) (ウィングス・コミックス・デラックス)感想
火星開拓が面白かった。酪農家って大変なんだなぁとしみじみ思う。いつでも牛乳あるような気になっちゃうけど、子牛産んだ雌牛以外は出さないんだもんね。すぐバター出荷できないわな。還元バターってなんじゃい!って感じです。
読了日:12月28日 著者:荒川 弘
百姓貴族(5) (ウィングス・コミックス・デラックス)百姓貴族(5) (ウィングス・コミックス・デラックス)感想
まずメシが面白かった。いろんな大会がるんだなぁと感心しました。そういえば、あっちの作品と出版社違うのね、そういえば。
読了日:12月28日 著者:荒川 弘
水玉ハニーボーイ 4 (花とゆめCOMICS)水玉ハニーボーイ 4 (花とゆめCOMICS)感想
正直ちょっと疲れて来たかな?と思ったが、なんか新たな恋の予感…
読了日:12月28日 著者:池ジュン子

読書メーター

nice!(0)  コメント(0) 

まとめてTweet 2017/12/19 [まとめてTweet!]


nice!(0)  コメント(0) 

11月読書 [読書いろいろ]

あっという間に過ぎてった11月。全然読めてなーい!
でも、ちらほら蔵書に手をつける。重めの作品を何作か。
来年の読書感想文に使おう。
今月のお気に入りは、葛飾北斎のコミック版世界の伝記。
宮沢賢治を買おうと注文したらと思ったら、うっかり蔵書にあってポプラ社のHPを見たら新刊に「葛飾北斎」とな!!ほとんど勢いで「北斎に変更してください!」と買ったのだが、大当たり!
北斎の破天荒な生き方と、マンガ家さんの力強い筆ペンタッチがマッチして、久々のすばらしい伝記漫画でした。
今すぐすみだ北斎美術館に行きたい!!
ちなみに、アガサ・クリスティも1月発行だそうで…

11月の読書メーター
読んだ本の数:20
読んだページ数:3368
ナイス数:295

葛飾北斎 (コミック版世界の伝記)葛飾北斎 (コミック版世界の伝記)感想
子ども達にぜひこの人を知って欲しくて勤務校に購入。「葛飾北斎って誰?あ!波の絵知ってる!」と言っていたので、概ね好評と言える。この絵この人の絵がカッコいい!!情熱的な北斎の人生にぴったり!!
読了日:11月03日 著者:ちさか あや
砂漠のハレム 5 (花とゆめCOMICS)砂漠のハレム 5 (花とゆめCOMICS)感想
ライバル登場、お母様登場、そして横槍登場、コレルはなんかありそう。そろそろカルム王子一泡吹かしてやりたいと思う意地悪読者。
読了日:11月03日 著者:夢木みつる
「刀剣乱舞-ONLINE-」アンソロジーコミック『4コマらんぶっ~ぷちらんぶっ~』 (単行本コミックス)「刀剣乱舞-ONLINE-」アンソロジーコミック『4コマらんぶっ~ぷちらんぶっ~』 (単行本コミックス)感想
最近始めたので、まだいまひとつ乗れず。敵さんかわいい。ツナマヨおにぎりのところなんか、めっちゃかわいい。
読了日:11月03日 著者:菊野郎
砂漠のハレム 6 (花とゆめCOMICS)砂漠のハレム 6 (花とゆめCOMICS)感想
少し大人になった気がするミーシェ。だんだん周り巻き込んで面白そうな展開になって来ましたよ。象で乗り込むカルム王子にアホや…と思いつつも色気にやられる私。ギャフンと言わしたいのは私と同じね。
読了日:11月03日 著者:夢木みつる
先生のやさしい殺し方(1) (ガンガンコミックスUP!)先生のやさしい殺し方(1) (ガンガンコミックスUP!)感想
すみません。無理です…(>人<;)
読了日:11月03日 著者:反転シャロウ
赤髪の白雪姫 18 (花とゆめCOMICS)赤髪の白雪姫 18 (花とゆめCOMICS)感想
細かい内容を忘れていて、いまいち盛り上がれず。友人に貸したのを早く返してもらおう。でも、イザナ殿下やっぱり素敵なの(*^_^*)
読了日:11月08日 著者:あきづき空太
百姓貴族 (1) (ウィングス・コミックス)百姓貴族 (1) (ウィングス・コミックス)感想
「銀の匙」以前に書かれたという伝説の1冊。北海道だけなら食料自給率200%ってのにびっくり。ありがとう北海道。
読了日:11月09日 著者:荒川 弘
百姓貴族 (2) (ウィングス・コミックス)百姓貴族 (2) (ウィングス・コミックス)感想
お父さんがすごい2巻。でもね、トラクターで悲しい事故にあった酪農家Nさんの「つなぎとパンツ…持ってかれた…」はハガレンのシーンと被って、ちょっと衝撃的だった…
読了日:11月09日 著者:荒川 弘
図説・日本刀大全―決定版 (歴史群像シリーズ)図説・日本刀大全―決定版 (歴史群像シリーズ)感想
刀剣乱舞に影響されて読んでみる。他のもいくつか読んだが、これは鑑賞の仕方、買い方、試し切りまで載ってて盛りだくさん。写真も綺麗で、細かいとこまで見せてくれる。この本欲しいなぁ。
読了日:11月09日 著者:稲田和彦
パンプキン!  模擬原爆の夏パンプキン! 模擬原爆の夏感想
模擬原発の存在を初めて知った。ヒロカは現代っ子。模擬原発の存在を知り憤る。でも、なぜそれが落とされたのか?時代背景は?と突き詰めていくうちにさまざまななことを知る。考えてもわからないことは出てくる。結論が出ないと無駄なのか?いやいや、そうじゃない、よたくみは教えてくれる。「知らないことはこわいことだよ。だれかの言ってることが事実と違っていても、そうなのかなぁって信じてしまう。僕はそれが嫌なんだ」自由研究ってそういうものなんだね。最後の壁新聞。すっごくいい!こんなアプローチもありだね。
読了日:11月13日 著者:令丈 ヒロ子,宮尾 和孝
金魚ノ歌金魚ノ歌感想
図書館で見つけて借りてみた。これ、絵なんだー!!とびっくり。瞬間を切り取った美ですね。森見登美彦の「宵山万華鏡」を思い出しながら読んだ。絵なのか〜
読了日:11月15日 著者:深堀隆介
教室の祭り (わくわく読み物コレクション)教室の祭り (わくわく読み物コレクション)感想
明るく大円団で終わるタイプかと思ったら、おっとどっこい!「ここ、詳しく知りたい」と思うとこが端折られてた。でも、そこを書いちゃ野暮なんだろうな。だからこそ、最後がググッと生きてきた気がする。間島さんも直子もカッコいい。これが強さだと読者に訴える。カコとてっちゃんのノリに流されていくスミは過去の私であり、不登校から脱しようとしている高1長女だ。お母さんの「諦めるのは、悪いことじゃないの。よく考えて選び直すことよ。」が胸に刺さる。スミはちゃんと選びなおした。長女よ、頑張れ!
読了日:11月15日 著者:草野 たき
ガラスの壁のむこうがわガラスの壁のむこうがわ感想
勤務校の5年生が勧めてくれた本。読んでいたら「私も読んだ!」という子がちらほら。友達って作んなきゃいけないのかねぇ?と初っ端の大人の価値観から思う。言葉の魔法に囚われて辛い思いをしているんだろうな。辛いね。友達は作るってより、生えてくるイメージなんだけどな、私は。真っ直ぐすぎなんだな、この子。解放してくれる子が一文が短くストレートに響いてくる。風景も非常に美しい。
でも、この装丁ではないかな?
読了日:11月16日 著者:せいの あつこ
『刀剣乱舞-花丸-』 1 (ジャンプコミックス)『刀剣乱舞-花丸-』 1 (ジャンプコミックス)感想
アニメのまんま。コミカライズならではのエピソードとかふれあいがあると嬉しいのに。絵もちょっと幼い感じなのよ。大人組が。
読了日:11月19日 著者:橋野 サル
刀剣乱舞-ONLINE- ノベル&イラストアンソロジー ~桜~ (ビーズログ文庫アリス)刀剣乱舞-ONLINE- ノベル&イラストアンソロジー ~桜~ (ビーズログ文庫アリス)感想
軽いのもあれば読み応えあるのもあり。ちょうど良い感じでしたが、「もうちょっと読みたい!」みたいのもあった。山姥切と、加州と三日月が合う話が日常を上手に切り取ってて、ほっこりしててよかった。
読了日:11月19日 著者:
サラバ! 上サラバ! 上感想
上司が読んでいると言うので読んでみた。サラバ!って何にサラバなんだろう?と思いながら、合言葉である以外はまだわからず。それぞれが次に何やらかすのか?歩少年はどんな風になって行くのか?家族の行方は?どんな風にて展開して行くのか全くわからないが、どんどん面白くなってる。下巻が楽しみ。ヤコブとの別れのシーンがその場に立っているようで、ゾクゾクした。巻貝の部屋のシーンも脳内でブワっと広がった。「本」と言うとついストーリーが面白いか否か?と捉えがちだが、こうやって楽しむんだなぁ。新た楽しみ方を見出せた。。
読了日:11月22日 著者:西 加奈子
マーシャとくま (世界名作おはなし絵本)マーシャとくま (世界名作おはなし絵本)感想
小1に読み聞かせ。三木卓版は初めて。幼い頃読んでた福音館書店版に比べてとっても背景がわかりやすい。「抱きあったりキスしたりしました。」と言うラストに、「えー?きもーい!」って言う反応。え?キモい?うちだったらキスしてるわ。
読了日:11月23日 著者:三木 卓
サラバ! 下サラバ! 下感想
どう言葉にしても陳腐で、私の心とズレる気がする。容赦ない歩の転落。そしてそこから一歩一歩踏み出す姿。びっくりする様なお姉さんの変貌。人生ってすごい。生き続けてることだけで奇跡の連続だ…ああ、やっぱり違う。ただ読んで良かった。出会えてよかった。そんな本だった。読み終わってじわじわ感動してる。「あなたが信じることを、誰かに決めさせてはいけないわ」
読了日:11月27日 著者:西 加奈子
ルビンの壺が割れたルビンの壺が割れた感想
同僚に勧められた本。どうする?「面白かった!ありがとう!」って言う?楽しんだ!読んでる最中は面白かったよ?でも、読み終わってみると拍子抜けと言うか、緻密さにかけるって言うか、なんでいきなりそんな話に?(書簡形式だから仕方ないのかも)みたいな。ラストもあれだから、確実に一度きりしか読まれない本かな?買ったら人に貸して消費するしかない。出版業界本当にそれでいいの?って思っちゃった。なんか今私頭抱えてんだけど(*_*)
読了日:11月28日 著者:宿野 かほる
ハシビロコウのはっちゃん (ひまわりえほんシリーズ)ハシビロコウのはっちゃん (ひまわりえほんシリーズ)感想
この表紙にやられた。内容はまあまあ、そんな感じ。ハシビロコウいいよね。見てて飽きないよね、何にもしないのに。

読了日:11月29日 著者:よしだ あつこ

読書メーター

nice!(0)  コメント(0) 

まとめてTweet 2017/11/15 [まとめてTweet!]


nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -