So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

まとめてTweet 2017/06/18 [まとめてTweet!]


nice!(0)  コメント(0) 

まとめてTweet 2017/06/17 [まとめてTweet!]


nice!(0)  コメント(0) 

5月読書 [読書いろいろ]

今月はいっぱい本を読んだぜ!
と思ったら、やっぱりマンガ多かった…
でも、今月は課題図書読破したしね!
がんばったよね!
5月の読書メーター
読んだ本の数:41
読んだページ数:5559
ナイス数:348

どうしてカは耳のそばでぶんぶんいうの?―西アフリカの民話よりどうしてカは耳のそばでぶんぶんいうの?―西アフリカの民話より感想
「風が吹くと桶屋が儲かる」の逆パターン。どんどん思わぬ方向で繋がっていく系昔話です。「サムリ、豆を取り戻す」とか「わらしべ長者」とか。絵がとっても素敵。色も目がさめるような鮮やかな色使い。
読了日:05月02日 著者:ヴェルナ アールデマ,レオ ディロン
いまさら翼といわれてもいまさら翼といわれても感想
待ちに待った古典部。面白かった〜!何度も行った高山の街並みを思い出しながら読んだ。「連峰は晴れているか」はアニメで見たけど、小説ももちろんよかったし、「鏡には映らない」も嫌な感じの話だがよかった。どれもよかったけど、「長い休日」が一番しっくりきたかもしれない。幸せなひと時だった。
読了日:05月02日 著者:米澤 穂信
カブキブ! (4) (角川文庫)カブキブ! (4) (角川文庫)感想
前回の公演でなんか落ち着いちゃった気がして、読んでませんでした。アニメ化を機に続きを…。今迄真っ直ぐな人たちばかりだった歌舞伎同好会に曲者が…尾を引きそうです。つか、舞台ボイコットなんてマジありえんし!!うちの子だったら市中曳き回しよ!!
読了日:05月03日 著者:榎田 ユウリ
うちの陛下が新米で。 第1巻 (あすかコミックスDX)うちの陛下が新米で。 第1巻 (あすかコミックスDX)感想
まっすぐな話で読みやすいが、これから色々あるのではないかと予想する。今はシュカがちょっとうざいが、まだ1巻ということで。
読了日:05月04日 著者:湖住 ふじこ
うちの陛下が新米で。 第2巻 (あすかコミックスDX)うちの陛下が新米で。 第2巻 (あすかコミックスDX)感想
ほらほら盛り上がってきましたよ。そうかな?と思っていたので、意外な展開ではないものの。猫があーなるとは。なんかうふふ。
読了日:05月04日 著者:湖住 ふじこ
うちの陛下が新米で。 第3巻 (あすかコミックスDX)うちの陛下が新米で。 第3巻 (あすかコミックスDX)感想
お隣の国の王様が清々しいくらい器がお小さくてよろしいかと。番外編が面白かった。
読了日:05月06日 著者:湖住 ふじこ
うちの陛下が新米で。 (4) (あすかコミックスDX)うちの陛下が新米で。 (4) (あすかコミックスDX)感想
次の話も気になりますが、禁軍のお兄さん達が可愛くて好きです。非常に心配でもありますが…番外編も好き。
読了日:05月06日 著者:湖住 ふじこ
うちの陛下が新米で。 (4) (あすかコミックスDX)うちの陛下が新米で。 (4) (あすかコミックスDX)感想
浪立のお話完結。もっと悪いやつかと思ったら、彼は彼なりにいい人でした。そして、なんか嫌な感じに話に突入しそうです。
読了日:05月06日 著者:湖住 ふじこ
うちの陛下が新米で。 (5) (あすかコミックスDX)うちの陛下が新米で。 (5) (あすかコミックスDX)感想
可愛いシンシンが!!伏等の小物っぷりも可愛い。
読了日:05月06日 著者:湖住 ふじこ
うちの陛下が新米で。 (6) (あすかコミックスDX)うちの陛下が新米で。 (6) (あすかコミックスDX)感想
とうとう王が前に。そしてどさくさに紛れて告るゼン。シンシンが可愛い。マジ可愛いよ。
読了日:05月06日 著者:湖住 ふじこ
うちの陛下が新米で。 (7) (あすかコミックスDX)うちの陛下が新米で。 (7) (あすかコミックスDX)感想
政治のお話が片付いて、恋のお話へ。浪立様は影が薄くなったなぁ。なんか、もっと丁寧に物語進めたらいいのになぁと思った。後日談ももっと細やかに描いたらいいエピローグになるのにな。全体にさらっとし過ぎ。お話自体は面白いのに…もったいない。
読了日:05月06日 著者:湖住 ふじこ
後宮デイズ~花の行方~(11)(プリンセス・コミックス)後宮デイズ~花の行方~(11)(プリンセス・コミックス)感想
続いておりました。相変わらず二人より周りが楽しい。お妃様達が前向きに幸せになれて嬉しい。
読了日:05月06日 著者:すもも もも
後宮デイズ~花の行方~(12)(プリンセス・コミックス)後宮デイズ~花の行方~(12)(プリンセス・コミックス)感想
一番好きな木蓮様が幸せになれて嬉しい。もっと見てたい…
読了日:05月06日 著者:すもも もも
ぼくは地球と歌う 「ぼく地球」次世代編II 1 (花とゆめCOMICS)ぼくは地球と歌う 「ぼく地球」次世代編II 1 (花とゆめCOMICS)感想
あれ?読んでる??全然内容覚えてないんだけど…。結構後出し多くて、記憶と照合するのが大変です。
読了日:05月08日 著者:日渡早紀
ぼくは地球と歌う 「ぼく地球」次世代編II 2 (花とゆめCOMICS)ぼくは地球と歌う 「ぼく地球」次世代編II 2 (花とゆめCOMICS)感想
何が何だか全然わかりませんが、とりあえず三角が原因だということがわかった。久しぶりの本気輪がいいぞ!
読了日:05月08日 著者:日渡早紀
野獣は激しく奪う 6 (花とゆめCOMICS)野獣は激しく奪う 6 (花とゆめCOMICS)感想
相変わらず甘々で、爆発しろよ、お前ら!って感じ。次巻は波乱の様相。元彼とライバルが参戦して、おそろしいことになりそう。でも、二人のラブラブに当てられて終了って気がしないでもない。
読了日:05月08日 著者:水谷京子
身代わり伯爵の冒険 第1巻 (あすかコミックスDX)身代わり伯爵の冒険 第1巻 (あすかコミックスDX)感想
コバルト系か?と思ったら、ビーンズのコミカライズでした。多少の飛ばし感はあるものの、うまい具合に楽しいところをビジュアル化してる。原作読んでみようかな?って気になる。
読了日:05月09日 著者:柴田 五十鈴
身代わり伯爵の冒険 第2巻 (あすかコミックスDX)身代わり伯爵の冒険 第2巻 (あすかコミックスDX)感想
もしかして出てこないんじゃないかと思ってたフレッドが華麗に登場!ちょっと大げさ過ぎないか?と思った評判以上にいけてる兄ちゃんでした。パパといいコンビです。お話は思ったよりあっさり終わったので、原作行っちゃう??って感じ。
読了日:05月10日 著者:柴田 五十鈴
ばあばは、だいじょうぶ (絵本・ちいさななかまたち)ばあばは、だいじょうぶ (絵本・ちいさななかまたち)感想
2017低学年課題図書。胸がきゅーっと痛くなる。おばあちゃんのメモは辛い。本人も辛いんだなぁ。誰もが思うことなんだろうな。あとがきの作者の正直な気持ちがずきりとくる。課題図書に少子高齢化をテーマにした作品が入るとは、時代を感じる。
読了日:05月11日 著者:楠 章子
図書館戦争 LOVE&WAR 別冊編 3 (花とゆめCOMICS)図書館戦争 LOVE&WAR 別冊編 3 (花とゆめCOMICS)感想
いちゃいちゃ甘々過ぎて、床屋で読んでて恥ずかしくなった…。
読了日:05月15日 著者:弓きいろ
アランの歯はでっかいぞ こわーいぞアランの歯はでっかいぞ こわーいぞ感想
2017年低学年課題図書。歯磨き推奨絵本かと思ったら違った。いるよね、こういう人って、大人でも。アランの歯は実は…。知った時は、えー?!まさかの!!絵も色もいい。ワクワクする色遣い。
読了日:05月17日 著者:ジャーヴィス
耳の聞こえないメジャーリーガー ウィリアム・ホイ耳の聞こえないメジャーリーガー ウィリアム・ホイ感想
2017年中学年課題図書。知らなかった。当たり前だと思ってたことの初めがこんなことからだったなんて。1800年代に耳が聞こえなくても、野球選手になれたってことも驚きでした。
読了日:05月17日 著者:ナンシー チャーニン
すばこすばこ感想
2017年低学年課題図書。本当に入るのかな?と思ってたけど、ちゃんと巣にするのね。うちでもしてみようかな?住処の少なくなって来た今だからこそ、役立つかもしれない。参考図書も書いてあったので、ちょっと読んでみよう。中1次女と小4三女の自由研究にもいいかも。最後に詳しい解説と写真が載っていたのが良い。
読了日:05月17日 著者:キム・ファン
身代わり伯爵の冒険 (角川ビーンズ文庫)身代わり伯爵の冒険 (角川ビーンズ文庫)感想
コミックスを読んでるのでサクサク読了。勢いがありつつ、正しい少女小説。この分野は廃れたらいけないね、うん。
読了日:05月17日 著者:清家 未森
くろねこのどんくろねこのどん感想
2017年中学年課題図書。昭和感漂う作品だなぁと思ったら、バリバリ昭和の作品4冊を1冊にまとめたものです。物語の起伏が激しくないので、好き嫌い分かれそう。現実と空想を行ったり来たりの内容で、安房直子っぽいなと思ったが、安房直子ほど力がないのが残念。私世代はこの手の本は結構読んだし、慣れてるけど、今の子にはどうだろう?現実と空想の間にいられるだけの想像力が必要だし、年齢にもよるかなぁ?最後の結婚式も、あの頃の自分なら「素敵!」って思ったかもしれないけど、今の自分だと、何で?って感じだった。
読了日:05月18日 著者:岡野 かおる子
空にむかってともだち宣言空にむかってともだち宣言感想
2017年中学年課題図書。難民のイメージは幼い頃のカンボジア難民と、ニュースで見るシリア難民。ミャンマーは軍事政権と聞いたが、こういう理由で難民になる人もいると知った。留学生がいる一方で難民もいる。世界は思ったらより複雑だ。あいりの元気の良さが気持ちいい。ナーミンがからかわれるシーンでは、胸が痛くなった。無知は罪だ。私達はご近所さんレベルで、もっといろんなことを知る必要がある。この本だけでなく、ミャンマーを調べてから感想文を書いて欲しいな。きっと世界が広がる。
読了日:05月19日 著者:茂木 ちあき
なにがあっても ずっといっしょなにがあっても ずっといっしょ感想
2017年低学年課題図書。信じることの大切さがテーマかな?主役は犬にサスケと少し年配の女性サチコさん。サチコさん一人暮らしなんだろうか?家族は?などなど背景を考えるが、別に独身でもいいわけで、最近の家族の多様化を考えるとそんな主人公がいてもいいんだと思った。ただ、やっぱり同年代の女の子必要だよね。サスケを「あんずちゃん」って呼ぶ女の子は可愛い。ここに感情移入するんだろうな。
読了日:05月19日 著者:くさの たき
干したから… (ふしぎびっくり写真えほん)干したから… (ふしぎびっくり写真えほん)感想
2017年中学年課題図書。小4の三女と読む。大好きな森枝さんの本。地味だけど人の知恵と素材の味が詰まりに詰まった乾物。鰹節って世界に誇る究極の乾物なんだと改めて認識。三女も嬉しそうに「椎茸は干す干し椎茸、大根は切り干し大根、ブドウは干すとレーズンになるんだね!!すごいね!家でもできるね!」と大喜び。夏休みに作ってみようね。と約束した。これで書かせてみよう。それ以上に途中出てきたネズミや蛙やコウモリの干物を「これはどうやって食べるんだろうね?焼くのかな?水で戻すのかな?」と興味津々だった。
読了日:05月20日 著者:森枝 卓士
霧のなかの白い犬霧のなかの白い犬感想
2017年高学年課題図書。高齢者、障害者、外国人就労問題、スクールカースト、家族の問題等々、私たちの身の回りにある様々な差別が散りばめられていて、これはどこに収まるんだ?と途中思ったが、最後はちゃんと収まった。物語上ではナチスだったが、これは日本でもあり得ることで、同じ道を進んでしまうかもしれないと危惧する部分もある。大きな問題は身近なところに潜んでいる。最後はハッピーエンド、になるよう私達は日々を生きていくべきだ。…と思ったが、高学年、気づくか?
読了日:05月21日 著者:アン ブース
コレットは死ぬことにした 7 (花とゆめCOMICS)コレットは死ぬことにした 7 (花とゆめCOMICS)感想
今回は繋がりがテーマ。コレットは比較的脇役。彼女の目からみた兄弟弟子たちと、カロンとハデス様。カロンがますます好きになる巻。ハデス様ご招待ゲーム、付録につけませんか?
読了日:05月23日 著者:幸村アルト
転んでも、大丈夫: ぼくが義足を作る理由 (ポプラ社ノンフィクション)転んでも、大丈夫: ぼくが義足を作る理由 (ポプラ社ノンフィクション)感想
2017年高学年課題図書。初めて義足ランナーを見たのはロンドン大会のピストリウス。「パラリンピックなんて必要なくない?」と思うほど早くて自然で衝撃でした。その後、TVで義足ランナーを目にすることも多くなりましたが、みんな輝いて見えました。この本で、輝いて見えるのは一面だけで、見えない部分で彼らの苦悩や努力、何より技師の臼井さんの努力と挑戦があるのだと改めて知りました。スポーツする子だけではなく、サポートする立場の子も、今くじけそうになってる子もいろんなことを思うと思います。
読了日:05月23日 著者:臼井 二美男
むらの英雄 (エチオピアのむかしばなし)むらの英雄 (エチオピアのむかしばなし)感想
いいなぁ。落語みたいだ。みんないい人で平和だな。誰もバカにしたりしないで、最後は丸く収まる。これくらいおおらかがいいよね、現実も。
読了日:05月23日 著者:渡辺茂男
おみくじおみくじ感想
最後が、ああこれがループの始まりって感じ。嫌いじゃないぞ。このくだらなさ。
読了日:05月23日 著者:きた あいり
バナナじけんバナナじけん感想
最高!ワニのところで脱力して、実はね…のところで大爆笑。みんな律儀なんだから!!大好きだ、くだらなくてヽ(;▽;)ノ
読了日:05月23日 著者:高畠 那生
ひとりひとりのやさしさひとりひとりのやさしさ感想
「100まいのきもの」のようだが、読後感はあっちより重い気がする。「100まいのきもの」のような言い訳じみたとかそういうのなしで、無視し続けた事実だけが残るんだもん。きっとあの子は、前の学校でも同じような目にあってたのかも…。勇気を出して声かけたのかも…。と想像すると辛さ100倍。と思うと、次の学校でいい友達ができるといいなと思った。でも、最後に仲直りしないでよかった。あの結末でいい。
読了日:05月23日 著者:ジャクリーン ウッドソン
食べているのは生きものだ (福音館の科学シリーズ)食べているのは生きものだ (福音館の科学シリーズ)感想
高校生の時、中国でスズメを食べた時、命を頂いてるんだと実感し、それ以来意地汚いと言われようと残さなくなった。主婦になって命を無駄にしないように始末をつけるようになった。まさにそれを写真と難しくない言葉で示してくれる。義務教育で必読だよね。「干したから」で出て来た、ネズミとコウモリの干物は焼いて食べるそうな。スッキリ!
読了日:05月23日 著者:森枝 卓士
チキン! (文研じゅべにーる)チキン! (文研じゅべにーる)感想
2017高学年課題図書なんでも正直でまっすぐ故に、人とトラブる凛。いい子で強い子。でも生きづらだろうなぁと思っちゃった日色タイプの私です。「転校生が来るね。男かな女かな?楽しみだね」何で普通に会話が成立しないんだ。ってところで妙に日色に入れ込みましたが、途中、嵐くんに首ったけ。藤谷さんと凛をもうちょっと見たかったな。
読了日:05月23日 著者:いとう みく
ぼくたちのリアルぼくたちのリアル感想
2017年高学年課題図書。こう言う問題が課題図書になるとは、いい時代になった。と昨年も書いた気がする。大人から見ると3人がキラキラしてる。当事者の子達には身近に感じる部分もあり、憧れる部分もあるんだろうな。LGBTに関しては、偏見なしに受け止めて欲しいが、その辺はまだ難しいかな?課題図書としては攻める1冊だった。書き上がった感想文読みたい!
読了日:05月25日 著者:戸森 しるこ,佐藤 真紀子
心霊探偵八雲 ANOTHER FILES  いつわりの樹 (角川文庫)心霊探偵八雲 ANOTHER FILES いつわりの樹 (角川文庫)感想
なんかすんなり読めると思ったら、やっぱ前に読んでた!悲しいボタンのかけ違い。そして、この事件の裁判はどうなるんだろう??
読了日:05月27日 著者:神永 学
爆弾のすきな将軍 (Children & YA Books)爆弾のすきな将軍 (Children & YA Books)感想
おもちゃを持つと自慢したくなるのは人の性だね。たくさんいるなぁ、そう言う人。子どもだな、と思いながらも、今日もニュースはお隣の国のミサイル発射を伝えている。いつになったら終わるのやら…
読了日:05月29日 著者:ウンベルト エーコ
カブキブ! 5 (角川文庫)カブキブ! 5 (角川文庫)感想
重いだろうなぁと思ってた唐臼くん。やっぱり傷は深かった。辛さがよく出てた。でも水帆の克服シーンはうるってきた。サッカー部の彼と恋に落ちたりしないだろうかとちょっとわくわく。御曹司も爽やかに活躍。面倒臭いとこもあるけど、いいね!青春モノって。渡子だけがどす黒く、負の部分。彼女の事ももっと知りたい。
読了日:05月30日 著者:榎田 ユウリ

読書メーター

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

まとめてTweet 2017/05/30 [まとめてTweet!]


nice!(0)  コメント(0) 

4月読書 [読書いろいろ]

今月は、突然の異動で全く読めず!
来月は読むぞー
4月の読書メーター読んだ本の数:18読んだページ数:2974ナイス数:219終わりのセラフ 3 (ジャンプコミックス)終わりのセラフ 3 (ジャンプコミックス)感想また女の子が一人登場。なんだかとってもやかましいが、またまたでかい過去を持っていそう。でも、絶対死亡フラグだよね。読了日:04月08日 著者:山本 ヤマト
終わりのセラフ 4 (ジャンプコミックス)終わりのセラフ 4 (ジャンプコミックス)感想ほーら来た来た!やっぱりー!?と言う展開。お姫様だっこかよ!!という突っ込みもしておこう。今まで人間サイドから吸血鬼を見ていたが、吸血鬼側からの言い分もあるらしい。あの状況で吸血鬼殲滅部隊を潰してしまえるのに、そうしない。そこに何かがあるのだろうなぁ(あれ?読み落とした?)フェリド様が好き。すがすがしいわ、この人。読了日:04月08日 著者:山本 ヤマト
終わりのセラフ 5 (ジャンプコミックス)終わりのセラフ 5 (ジャンプコミックス)感想少しずついろいろなことがわかってきたが、実はまだ何もわかっていない状態。人間ってなに?どういう存在?と疑問を投げかける。まだまだ信用できるかわからない周りの人たち。さてさて…読了日:04月12日 著者:山本 ヤマト
終わりのセラフ 6 (ジャンプコミックス)終わりのセラフ 6 (ジャンプコミックス)感想吸血鬼側もいろいろあると言うことがわかった巻。いつすりあわせられるのか見物だが、なんか、最後が見えてきたような気がしちゃう。読了日:04月12日 著者:山本 ヤマト
終わりのセラフ 7 (ジャンプコミックス)終わりのセラフ 7 (ジャンプコミックス)感想シノアの立ち位置がわかってきた7巻。そうよね、こんな態度じゃどうにもならないわよね。ちょっと本気だすのかな?読了日:04月14日 著者:山本 ヤマト
終わりのセラフ 8 ドラマCD同梱版 (ジャンプコミックス)終わりのセラフ 8 ドラマCD同梱版 (ジャンプコミックス)感想表紙ちがーう。チームを意識するようになった優ちゃん。何と無くいい連携になってきました。フラグか?そして、ミカが病み始めた。読了日:04月16日 著者:山本 ヤマト
終わりのセラフ 9 (ジャンプコミックス)終わりのセラフ 9 (ジャンプコミックス)感想グレンのことがちょっとだけわかる巻。この子達、やかましいよね。どうしてわざわざ自分の居場所知らせるように叫ぶんだろ。不意打ちしちゃえばいいのにっていう卑怯な大人です。読了日:04月16日 著者:山本 ヤマト
終わりのセラフ 10 (ジャンプコミックス)終わりのセラフ 10 (ジャンプコミックス)感想優ちゃんって実はバカ?ミカの思いは聞いてあげないの?一人で語っちゃってさ…というのが印象。残されたシノア達と捕まったグレンと、君月妹が最大の鍵に。読了日:04月16日 著者:山本 ヤマト
終わりのセラフ11巻 アニメDVD同梱版 ([特装版コミック])終わりのセラフ11巻 アニメDVD同梱版 ([特装版コミック])感想大どんでん返し!まあそうだろうな、と予想はできていたが…。これでミカと優ちゃん達は孤立することに。読了日:04月16日 著者:山本 ヤマト 降矢 大輔 鏡 貴也
終わりのセラフ 12 (ジャンプコミックス)終わりのセラフ 12 (ジャンプコミックス)感想フェリドと合流。新たな事実が発覚。読了日:04月16日 著者:山本 ヤマト
魔女の下僕と魔王のツノ(1) (ガンガンコミックス)魔女の下僕と魔王のツノ(1) (ガンガンコミックス)感想壮大なストーリーと萌え要素の塊かと思ったら、ギャグだった…読了日:04月16日 著者:もち
魔女の下僕と魔王のツノ(2) (ガンガンコミックス)魔女の下僕と魔王のツノ(2) (ガンガンコミックス)感想ロイドのお話中心。ちゃんと過去があったのねー読了日:04月17日 著者:もち
ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~ (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~ (メディアワークス文庫)感想最後までハラハラドキドキだった!北鎌倉の雰囲気も古書の独特な香りも、薀蓄も恋愛もみんな楽しかった!幸せなひと時をありがとうございました。読了日:04月28日 著者:三上 延
パパと親父のウチご飯 6 (BUNCH COMICS)パパと親父のウチご飯 6 (BUNCH COMICS)感想チャラ男君が参戦!きっとおもしろい料理が展開されていくんだろう。彼の幸せを祈る。読了日:04月29日 著者:豊田悠
七つ屋志のぶの宝石匣(4) (KC KISS)七つ屋志のぶの宝石匣(4) (KC KISS)感想待ってたのー!赤い石に一歩近づいた感じはある。続き気になるけど、そのほかのお話も面白かった!デンドリティックアゲートって言うのね?鉱物の本で見たわ〜!素敵!読了日:04月29日 著者:二ノ宮 知子
魔女の下僕と魔王のツノ(3) (ガンガンコミックス)魔女の下僕と魔王のツノ(3) (ガンガンコミックス)感想男が不憫だ…。読了日:04月30日 著者:もち
魔女の下僕と魔王のツノ(4) (ガンガンコミックス)魔女の下僕と魔王のツノ(4) (ガンガンコミックス)感想アルセニョの過去が!気になる展開。エリック家族とルイスが素敵。読了日:04月30日 著者:もち
魔女の下僕と魔王のツノ (5) (ガンガンコミックス)魔女の下僕と魔王のツノ (5) (ガンガンコミックス)感想おっぱい談義で終わったような…思った以上にロイドふぁイケメンだった。読了日:04月30日 著者:もち
読書メーター
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

まとめてTweet 2017/04/22 [まとめてTweet!]


nice!(0)  コメント(0) 

3月読書 [読書いろいろ]

ひたすら漫画読みまくり!
そろそろ字を読まねばと思うが、全くそんな気にならず…
いかんいかん。

3月の読書メーター読んだ本の数:35読んだページ数:5814ナイス数:294でっかいでっかいモヤモヤ袋 (そうえんしゃ・世界のえほん)でっかいでっかいモヤモヤ袋 (そうえんしゃ・世界のえほん)感想足に絡まるもやもや袋。わかるわぁ。見えないから怖いんだ。一つ一つ出してみるといいんだな。自分のじゃないもやもやも持っている場合もあるのだ。正に不安そのものだ。読了日:03月02日 著者:ヴァージニア アイアンサイド
でっかいでっかいモヤモヤ袋 (そうえんしゃ・世界のえほん)でっかいでっかいモヤモヤ袋 (そうえんしゃ・世界のえほん)感想小3三女と読む。読み終わったら泣き出して、ちっちゃなモヤモヤえお話してくれた。「自分はちゃんと宿題やってるのに、してこない子はどうしてそれでいいんだ?」「いつも同じ人がリーダーになるのは、ダメな気がする。他にもできる人はいると思う。」「話し合いに参加しない癖に後で文句言うな」大人から見ればちっちゃいことなんだけど、本人真剣に生きてるんだな。だから抱えちゃうんだな。このおばあちゃんみたいに、出してあげられたかな?読了日:03月02日 著者:ヴァージニア アイアンサイド
白ゆき姫殺人事件白ゆき姫殺人事件感想いまひとつだったなぁ。資料も巻末で見にくいし、結末も、え?って感じ。期待しすぎたかな??読了日:03月04日 著者:湊 かなえ
赤髪の白雪姫 17 (花とゆめCOMICS)赤髪の白雪姫 17 (花とゆめCOMICS)感想いい!超いいところで終わった…。イザナ殿下は始めすごく怖かった。白雪とゼンの行く末を思うと目の上のたんこぶだった。でも、話が進んでいくうちに、イザナ殿下の信念が徐々にわかっていく。そこにゼンの白雪を思う気持ちが強く、読者としては「許してあげてー」なんて思うが、ここで主従の信頼感が浮き彫りになった。そしてその対比にいる双子。この子達もいい主に恵まれて欲しいなぁ。ただシンデレラの話じゃないところがいいよねー。いろいろと第一印象を覆してくれるいい作品だ。でも、白雪が足らない~ああ〜次は半年後〜(T_T)読了日:03月04日 著者:あきづき空太
宇宙とわたしたち (月刊たくさんのふしぎ2017年4月号)宇宙とわたしたち (月刊たくさんのふしぎ2017年4月号)感想小3三女が食いつくそうな話。途中壮大すぎて感覚が追いつかない。宇宙と繋がってる自分って想像すると宗教に近い感覚。野菜嫌いの高嶋ちさとが「牛が野菜食べてるから、私が食べる必要はない」みたいな発言してたが、納得しそうになるから恐ろしい。読了日:03月05日 著者:藤沢 健太
天鼓―天からふってきた鼓 (能の絵本)天鼓―天からふってきた鼓 (能の絵本)感想能の絵本と可愛い男の子の表紙に惹かれて読んだ。全く為政者というのは自分勝手だ。「スーホの白い馬」を思い出した。無邪気に踊る仕舞をみたいな。宝生流にあるのかな?読了日:03月07日 著者:片山 清司
天鼓―天からふってきた鼓 (能の絵本)天鼓―天からふってきた鼓 (能の絵本)感想小3三女と読む。スーホみたい」という感想。だからかもしれないが、つい比べる。スーホほどの力がないのが惜しい。素敵な話なのに、文に力がない。もったいない!!読了日:03月07日 著者:片山 清司
ヒア・カムズ・ザ・サンヒア・カムズ・ザ・サン感想いまひとつ乗れなかった。読了日:03月10日 著者:有川 浩
神様はじめました 第1巻 (花とゆめCOMICS)神様はじめました 第1巻 (花とゆめCOMICS)感想ブックオフに行くたびにあったので、長女友人から借りてきた。イマイチかなぁと思ったが、沼皇女の話が素敵だったから、ちょっと2巻に期待。読了日:03月12日 著者:鈴木 ジュリエッタ
神様はじめました 第2巻 (花とゆめCOMICS)神様はじめました 第2巻 (花とゆめCOMICS)感想ウザい男鞍馬登場。でも、かわいそうな未来が待ってそう。かませ犬的な?奈々生と巴衛か噛み合ってきた感がいい2巻でした。読了日:03月12日 著者:鈴木 ジュリエッタ
神様はじめました 第3巻 (花とゆめCOMICS)神様はじめました 第3巻 (花とゆめCOMICS)感想来た!キュンキュンきはじめた!!最後の話すごい来た!!もどかしい!一気に攻めて欲しいが、もっとジリジリしててほしい。巴衛がかっこいい!読了日:03月13日 著者:鈴木 ジュリエッタ
神様はじめました 第4巻 (花とゆめCOMICS)神様はじめました 第4巻 (花とゆめCOMICS)感想いろんな伏線出てますよね。雪路さんは重要な立ち位置にいるようです。前向きな奈々生が好きです。でも、恋する乙女は少しくらい後ろ向きでもいい!読了日:03月13日 著者:鈴木 ジュリエッタ
神様はじめました 第5巻 (花とゆめCOMICS)神様はじめました 第5巻 (花とゆめCOMICS)感想瑞樹レギュラー決定~ってもうすでにレギュラーだったね。今回は最後にみんな総出演。ミカゲもこれから深く関わってくるんだろうな。と感じさせるお話。甘々巴衛がいいんだけど、こそばゆくて…ああ!ちがう!!やっぱり厳しくされたい!<これが奈々生の気分か…読了日:03月14日 著者:鈴木 ジュリエッタ
神様はじめました 6 (花とゆめCOMICS)神様はじめました 6 (花とゆめCOMICS)感想奈々生のライバル登場。ちっとかわいそやったなぁ。今後どういう関係になってくか楽しみです。護くんかわいい。読了日:03月15日 著者:鈴木 ジュリエッタ
神様はじめました 7 (花とゆめCOMICS)神様はじめました 7 (花とゆめCOMICS)感想なんでこの表紙?と思ったけど、最後まで読んで納得。観覧車デートは可愛らしく…つか、その程度で動揺するなよ、奈々生らしくないぞ!と思いつつ恋する乙女ってこうよね〜!ときゅんと来ていた。さて、神議りは波乱の様相。黄泉比良坂とはまたまた大変なことに。過去巴衛が好きです(o^^o)読了日:03月17日 著者:鈴木 ジュリエッタ
神様はじめました 8 (花とゆめCOMICS)神様はじめました 8 (花とゆめCOMICS)感想髪の長い巴衛は妖の巴なのね。超好み。恋も急展開!来た来た来たーー!ニヤニヤが止まらん。つか、言動がうちのダーリンに似てる。あ、だから好きなんだ。読了日:03月17日 著者:鈴木 ジュリエッタ
神様はじめました 9 (花とゆめCOMICS)神様はじめました 9 (花とゆめCOMICS)感想香夜子ちゃんと奈々生がいい感じになってて嬉しいそして、性格悪くてもいい子だなと思う。月刊現人神に興味津々。そして、話は鞍馬山のお話へ。恋の予感!そして、巴衛が激しく荒れそうな予感…読了日:03月17日 著者:鈴木 ジュリエッタ
神様はじめました 10 (花とゆめCOMICS)神様はじめました 10 (花とゆめCOMICS)感想表紙が♪二郎さんは只の怖い人ではありませんでした。むしろまじめで一生懸命で責任感の強い人でした。だからこそつけ込まれちゃったんですね。弱い部分があるからこそ、他人のそこを見ようとしなかった天狗でした。でも恋する二郎さんは好きだった♪そして、雷獣の前に現れた巴衛が素敵ー♪読了日:03月18日 著者:鈴木 ジュリエッタ
神様はじめました 11 (花とゆめCOMICS)神様はじめました 11 (花とゆめCOMICS)感想いろいろ大きく動きそうな予感のする11巻。奈々生の小さい頃も出てくる。ちょっとつらい過去だった。それにしても、どんどん奈々生に心を許しまくってる巴衛。そろそろ足を掬われそうだが、いちいちきゅんきゅんするぜ!ちっちゃい奈々生にプロポーズとか、草履とか!もう!年末と言うことで皆さんが顔を出してくれました。相変わらず龍神さんの奥様はすてきだし、皇女ちゃんはかわいいし。読了日:03月19日 著者:鈴木 ジュリエッタ
神様はじめました 12 (花とゆめCOMICS)神様はじめました 12 (花とゆめCOMICS)感想龍王の「俺がイイ男だからだ!」に全て納得。皇女ちゃんがかわいい!ミカゲ社のメンバーはあまり目立たなかったが、周りが大活躍。厚みが出てきて嬉しい。読了日:03月20日 著者:鈴木 ジュリエッタ
神様はじめました 13 (花とゆめCOMICS)神様はじめました 13 (花とゆめCOMICS)感想みんなのそれぞれの恋の形があって、みんな幸せになって欲しいなって思う。錦も幸せになれ〜!そして、いよいよ話は核心へ!読了日:03月20日 著者:鈴木 ジュリエッタ
神様はじめました 第14巻 (花とゆめCOMICS)神様はじめました 第14巻 (花とゆめCOMICS)感想ミカゲ様が帰ってこられて、事態は大きく動き出しました。ああ、そうか!と合点が行くことも。ミツハちゃんに心があったまりました。読了日:03月20日 著者:鈴木 ジュリエッタ
神様はじめました 第15巻 (花とゆめCOMICS)神様はじめました 第15巻 (花とゆめCOMICS)感想ああ!そうなのね!そういうことなのね!切ないけど、光が見えてきた気もする。ああでも雪路本人どうなんだ!!番外編で癒された。それにしても、奈々生の周りの神様たちはイイ人ばかりだ。君ら、鍋好きね(o^^o)読了日:03月20日 著者:鈴木 ジュリエッタ
神様はじめました 16 (花とゆめCOMICS)神様はじめました 16 (花とゆめCOMICS)感想なんつー美味しい。いろいろ辻褄があってきた!次に行かないと!毛玉はどう動くかな?好きなんだよ、毛玉。読了日:03月21日 著者:鈴木 ジュリエッタ
神様はじめました 17 (花とゆめCOMICS)神様はじめました 17 (花とゆめCOMICS)感想前巻以上に良い話だった。よかったねー。ほんとよかったね〜。(T_T)気になるのは毛玉を喰った彼。この調子でまた繋がるんだろうな。期待。読了日:03月21日 著者:鈴木 ジュリエッタ
神様はじめました 18 (花とゆめCOMICS)神様はじめました 18 (花とゆめCOMICS)感想現代に戻った奈々生。完全に腐抜けて普通の高校生恋愛物になるかと思ったら、修学旅行でまたまた一波乱!夜鳥ってまさか、あれか??読了日:03月22日 著者:鈴木 ジュリエッタ
神様はじめました 19 (花とゆめCOMICS)神様はじめました 19 (花とゆめCOMICS)感想主役二人より周りが盛り上がった巻でした。二人とも戦線離脱か!?と思ったら、ちゃんといい感じに収まりそうです。あのカメラ娘が気になりますが…。巴衛は全く恥ずかしくなるくらい奈々生が好きだねーうらやましいわぁ。鞍馬君も瑞樹も自分に掛けた物を見つけたみたい。心温まる巻でした。読了日:03月22日 著者:鈴木 ジュリエッタ
神様はじめました 20 (花とゆめCOMICS)神様はじめました 20 (花とゆめCOMICS)感想巴衛がどんどん色気を増している。巫女の話がよかった。巴衛のつらい気持ちがどんどん流れ込んでくる。すごく切ないのに、なぜ今狐!?読了日:03月22日 著者:鈴木ジュリエッタ
神様はじめました 21 (花とゆめCOMICS)神様はじめました 21 (花とゆめCOMICS)感想ここで新たな展開が!!お久しぶりの鞍馬山の皆さんも登場。巴衛が狐のままで哀しいです…読了日:03月22日 著者:鈴木ジュリエッタ
神様はじめました 22巻 オリジナルアニメDVD付限定版 (花とゆめコミックス)神様はじめました 22巻 オリジナルアニメDVD付限定版 (花とゆめコミックス)感想ああ、知ってしまった。霧仁も悪いだけじゃないんだなぁ。きっと巴衛が大好きだったんだな。愛情の伝え方が違うんだろう。だからこそ、切ないなぁ。読了日:03月22日 著者:鈴木 ジュリエッタ
神様はじめました 23 (花とゆめCOMICS)神様はじめました 23 (花とゆめCOMICS)感想最後の亜子ちゃんは何で出てきたんだろう?と思ったら、そういうことか!恋愛ではなく、親子愛がテーマだった。でも、彼にはそれのがいいと思った。夜鳥は寂しい人なんだなぁ。黒麿も寂しい人だけど、根本が違う気がする。黒麿は寂しい自分を受け入れられるけど、欠けた夜鳥は求め続けちゃうんだね。いよいよ佳境だ。読了日:03月24日 著者:鈴木ジュリエッタ
神様はじめました 24 (花とゆめCOMICS)神様はじめました 24 (花とゆめCOMICS)感想これで最終回でいくない?的終結。ここでお母さんが出てくるか!泣ける!夜鳥はちょっとかわいそうだったね。黒丸もここまで関わってくるとは思わなかった。読了日:03月25日 著者:鈴木ジュリエッタ
神様はじめました 25 (花とゆめCOMICS)神様はじめました 25 (花とゆめCOMICS)感想緻密なストーリー展開。飽きずに読み終わった。ちびっこ悪羅王と会社員巴衛をもっと見たよー。愛情いっぱい飽きない展開。いい作品でした。読了日:03月25日 著者:鈴木ジュリエッタ
終わりのセラフ 1 (ジャンプコミックス)終わりのセラフ 1 (ジャンプコミックス)感想アニメでちょっと見て、石田彰の演技にビビった覚えが。内容的には先まで知ってるので、序盤かな?という感じです。読了日:03月27日 著者:山本 ヤマト
終わりのセラフ 2 (ジャンプコミックス)終わりのセラフ 2 (ジャンプコミックス)感想謎をバシバシ入れ込んできた。絵綺麗で迫力も勢いもあるけど血生臭い。正直得意ではないが、せっかく借りたので読む。読了日:03月29日 著者:鏡 貴也
読書メーター
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

2月読書 [読書いろいろ]

今回は、6年生の「海のいのち」のために立松和平を読みまくり。
6年生と読書座談会したけど、おもしろい~!

2月の読書メーター読んだ本の数:45読んだページ数:5033ナイス数:503ノラネコぐんだん おすしやさん (コドモエ[kodomoe]のえほん)ノラネコぐんだん おすしやさん (コドモエ[kodomoe]のえほん)感想お寿司が食べたいがためにいろいろやらかすノラネコ軍団。いやいやそれはまずいだろう?ちゃっかりさが可愛い。読了日:02月02日 著者:工藤ノリコ
ぶららんこぶららんこ感想ぶららんこがぶららららんこと1匹ずつ縦に増えて行くだけかと思ったら、壮大なことに!いいなーー私も乗りたい!海から出た時は気持ちよかったー!!読了日:02月02日 著者:
ハンバーグハンバーグハンバーグハンバーグ感想今回は武田美穂さん独特の絵で見せる間はないですが、美味しそうなんだよね〜(≧∀≦)。今晩はキーマカレーのつもりだったけど、ハンバーグにすっかなぁ?読了日:02月02日 著者:武田 美穂
オムライス・ヘイ!オムライス・ヘイ!感想作ってる男の子の顔が見えそうだ〜(≧∀≦)鳥の胸肉感がすごい!!読了日:02月02日 著者:武田 美穂
大型版 だいじょうぶ だいじょうぶ (講談社の創作絵本)大型版 だいじょうぶ だいじょうぶ (講談社の創作絵本)感想小6児童に「泣ける本」とリクエストされた。だからやばいって!!カウンターで泣いちゃったよ。小6男子の心には響くだろうか?読了日:02月02日 著者:いとう ひろし
ディズニー名作ムービーコレクション (4) 白雪姫 (ディズニー名作ムービーコレクション4)ディズニー名作ムービーコレクション (4) 白雪姫 (ディズニー名作ムービーコレクション4)感想私の知ってる白雪姫と違う…気がする…。読了日:02月02日 著者:ディズニー・ストーリーブック・アーティスト
おはなしかがくえほん (1) イモリくん ヤモリくんおはなしかがくえほん (1) イモリくん ヤモリくん感想科学絵本かと思ったら、ヘリコプター出てきたぞ!?イモリくんをはやく水の中へ!ヤモリくんを暗がりにやって!!とドキドキしちゃった。池の中って思った以上に生き物がいるんだな。読了日:02月02日 著者:松岡 達英
おかあちゃんがつくったる (講談社の創作絵本)おかあちゃんがつくったる (講談社の創作絵本)感想「おかあちゃん」ではない。これは「おかん」だ。子供の思考の斜め上行くおかん。theおかんって感じです。おかんは細かい事は気にしません。愛情たっぷり注ぎます。それがおかんの強さなのです。読了日:02月02日 著者:長谷川 義史
おばけかぞくのいちにち さくぴーとたろぽうのおはなし (こどものとも傑作集)おばけかぞくのいちにち さくぴーとたろぽうのおはなし (こどものとも傑作集)感想懐かしい!中3長女が大好きだった。こどものともの配本で来てなんども読んだな。その子も今高校受験目前。すごく苦しんでる。次にこの本と出会う時はどんな彼女になってるだろう。読了日:02月02日 著者:西平 あかね
しろくまのパンツしろくまのパンツ感想図書館泣かせの絵本だなぁ。絶対パンツ破くかなくすし!と思ったら替えパンツの案内があった…「パンツ希望」って!!!お話自体は可愛いけど、「まどからのおくりもの」や「おかあさんのパンツ」と同じリズム。でも、オムツからパンツに変わる頃に読んであげるときっと喜んでパンツ履いてくれそう。「替えパンツのご案内」に全部持ってかれたわw読了日:02月02日 著者:tupera tupera
ようこそ なぞなぞしょうがっこうへ (わくわくえどうわ)ようこそ なぞなぞしょうがっこうへ (わくわくえどうわ)感想小1が読めるかはおいといて楽しい本だった。ここに出てくるなぞなぞ使おう。読了日:02月02日 著者:北 ふうこ
おとのさま、ゆうえんちにいく (おはなしみーつけた!シリーズ)おとのさま、ゆうえんちにいく (おはなしみーつけた!シリーズ)感想三太夫さん、かわいそうに…(^_^;)読了日:02月02日 著者:中川 ひろたか
だいすきのみかた パンツちゃん (本はともだち)だいすきのみかた パンツちゃん (本はともだち)感想「おしいれのぼうけん」初恋編キューピッド付きっぽい感じです。小さい頃お布団入ってぼうけんしたのを思い出します。読了日:02月02日 著者:薫 くみこ
音楽室の日曜日 歌え! オルガンちゃん (わくわくライブラリー)音楽室の日曜日 歌え! オルガンちゃん (わくわくライブラリー)感想シリーズいっぱいあるし、面白くて読み応えあるし、ステップアップにはいいかもしれない。読了日:02月02日 著者:村上 しいこ,田中 六大
ルピナスさん―小さなおばあさんのお話ルピナスさん―小さなおばあさんのお話感想中表紙の花とタイトルの色にハッとする。これ原画が見たい。綺麗だろうなぁ読了日:02月02日 著者:バーバラ クーニー
もうどうけん ドリーナ (かがくのとも傑作集 わくわく・にんげん)もうどうけん ドリーナ (かがくのとも傑作集 わくわく・にんげん)感想盲導犬のお話。ちょっと写真が古いのはしょうがない。1986年初版だもの。バリアフリー教育の時にいいかもしれない。読了日:02月02日 著者:土田 ヒロミ
21世紀ガイド図鑑 世界の図書館21世紀ガイド図鑑 世界の図書館感想近代的な図書館も古い図書館も素敵…フレスコ画天井があるところなんて本読まずにひたすら天井見てそう。でもね、ほとんどの本は読めないのよね…日本語じゃないから。読了日:02月02日 著者:ビャーネ ハマー
不安のしずめ方 40のヒント不安のしずめ方 40のヒント感想読みながら、どんどん抱えている不安に押しつぶされそうになった。途中から、自分に当てはまることを紙に書き出しながら読んだ。「ああそうか、自分は今こういう状態なんだ。」とすんなり受け入れられた。役になった。つか役に立つように読めた。読了日:02月03日 著者:加藤 諦三
きょうは会社休みます。 12 (マーガレットコミックス)きょうは会社休みます。 12 (マーガレットコミックス)感想やっぱり朝尾さんでしょ〜。花笑なんぞとくっつかなくていい。私にください。読了日:02月04日 著者:藤村 真理
3月のライオン 10 (ジェッツコミックス)3月のライオン 10 (ジェッツコミックス)感想最後の爆弾発言で全部持ってかれた感はなきにしもあらず。先生の暑さと野口氏の復活が嬉しいわ。読了日:02月04日 著者:羽海野 チカ
3月のライオン 11 (ジェッツコミックス)3月のライオン 11 (ジェッツコミックス)感想最後まで捨男と呼ばれた父退場。本名明かさないままだったぞ。雷堂棋竜がうざくて良い。ほんっと次から次へと変な大人出してくるよな。読了日:02月04日 著者:羽海野チカ
3月のライオン 12 (ヤングアニマルコミックス)3月のライオン 12 (ヤングアニマルコミックス)感想この作品における美味しい料理は、いつだって心を慰めてくれる。元気ない時、やり直そうと決心した時。背中を押してくれるように存在する。日々、私もそんなご飯が作れたらいいなと思う。でもね、美味しいと食べ過ぎちゃうのよね、ヘルシーを言い訳に…(^_^;)雷堂さんも大好きだが、奥様がめっちゃかっこええ〜読了日:02月04日 著者:羽海野チカ
心霊探偵八雲 第14巻 (あすかコミックスDX)心霊探偵八雲 第14巻 (あすかコミックスDX)感想綺麗に終わった〜。本当にいいコミカライズだった。最後うるってきちゃったぞ。原作はいつ出るんだ??読了日:02月04日 著者:小田 すずか
七つ屋志のぶの宝石匣(1) (KC KISS)七つ屋志のぶの宝石匣(1) (KC KISS)感想これ面白い!でもまだまだ序盤って感じ。志のぶより顕定のが目立ってるぞ。読了日:02月05日 著者:二ノ宮 知子
七つ屋志のぶの宝石匣(2) (KC KISS)七つ屋志のぶの宝石匣(2) (KC KISS)感想最後の話が、演出といい、店舗といい最高。重苦しい話なのに見事に笑いを織り交ぜてる。舞台向きかもとすら思った。読了日:02月05日 著者:二ノ宮 知子
七つ屋志のぶの宝石匣(3) (KC KISS)七つ屋志のぶの宝石匣(3) (KC KISS)感想坂本万太郎はト◯ンプ??そっかー町に溢れかえるあの手の質屋はこういうことあるんだ。勉強になった。つか、先が超気になるんですけどー。読了日:02月05日 著者:二ノ宮 知子
深夜のダメ恋図鑑 (フラワーコミックスアルファ)深夜のダメ恋図鑑 (フラワーコミックスアルファ)感想いかん。大笑いした。私もいろいろやらかしたと思い出す。突然誕生日に送られてきた花束を送り返したこともあったなぁ。頑張れ!プリンス!読了日:02月05日 著者:尾崎 衣良
深夜のダメ恋図鑑 2 (フラワーコミックスアルファ)深夜のダメ恋図鑑 2 (フラワーコミックスアルファ)感想「俺の飯は気にすんな」ってまんまうちの舅。40度の熱の中、気にしてねぇよおめえの飯なんか、はなっから。って感じ。そんな中ダーリンが「これしかなかった、食べれるものだけ食べな」って買ってきてくれたハンバーグ弁当がどんなだけ嬉しかったことか。デザートは大納言あずき&生クリームのアンパンだったのはご愛嬌。読了日:02月05日 著者:尾崎 衣良
ハッピーバースデー 命かがやく瞬間(とき) (フォア文庫)ハッピーバースデー 命かがやく瞬間(とき) (フォア文庫)感想「海のいのち」の並行読書として出したいとのことで、読んでみた。てんこ盛りな内容でちょっとびっくり。出来過ぎな展開であるものの児童書なのでこれでいいと思う。最後気持ちよく終われてよかった。読了日:02月06日 著者:青木 和雄,加藤 美紀
ジョーカー・ゲーム (角川文庫)ジョーカー・ゲーム (角川文庫)感想なんせ今まで旧日本軍ものを一切読んでこなかったので、脳みそぐるぐる回転させながら読んだ。結構面白かった(^-^)でも、007みたいな派手なのじゃなくて、地味なんだけど面白い。読了日:02月08日 著者:柳 広司
この音とまれ! 12 (ジャンプコミックス)この音とまれ! 12 (ジャンプコミックス)感想高校時代を思い出す。自分は一位二位を争える学校だったけど、全く止まってしまうような学校もあった。懐かしいなぁ読了日:02月10日 著者:アミュー
この音とまれ! 13 (ジャンプコミックス)この音とまれ! 13 (ジャンプコミックス)感想絵の力ってすごいなぁって思った。読者それぞれがきっといろんな「天泣」を想像してるんだろうな。審査結果も気になりますが、お母さんとの関係の変化も気になります。読了日:02月12日 著者:アミュー
恋するランジェリー (ぶんか社コミックス S*girl Selection)恋するランジェリー (ぶんか社コミックス S*girl Selection)感想絵が綺麗でエロい。見覚えあるし、ネットで公開してるやつ?男の人がなかなか良いと思ったら、BLの人なのね。BL出身者って絵上手いよね。短編なんで話はサクサク進んで、二転三転はないけどよい。読了日:02月12日 著者:相葉 キョウコ
チョウの好きな葉っぱの味 (月刊たくさんのふしぎ2017年3月号)チョウの好きな葉っぱの味 (月刊たくさんのふしぎ2017年3月号)感想蝶って花の蜜だけじゃなく、動物のフンも吸うんだ!初めて知ったー読了日:02月12日 著者:奥山多恵子
君の膵臓をたべたい君の膵臓をたべたい感想恋愛小説かと思ったら青春小説だった。はじめはダラダラしてたけど、途中から物語が動き出した。予想に反した結果だったからこそ、哀しさが倍増した。「偶然や運命ではなく、いままでの選択があるから今がある」心のノートにメモっとこう。読了日:02月16日 著者:住野 よる
おばけ美術館へいらっしゃい (ポプラの木かげ)おばけ美術館へいらっしゃい (ポプラの木かげ)感想小3三女と同じ本を読む家族読書。短編専門だった三女が初めて読んだ長編。小3の教科書掲載本だけあって、字も大きく、ファンタジーといえど単純だが、終始賑やかで楽しい。小学生が美術館長という突拍子のなさ、まひるの面倒見のいい性格と行動力。憧れる気持ちがわかる気がする。この時期はまだ「持って生まれた自分」の物語が主で、「周りの人と関わって変わっていく自分」ではないんだな、とも思った。美術館に行きたくなるね。読了日:02月17日 著者:柏葉 幸子
海のいのち (えほんはともだち―立松和平・伊勢英子心と感動の絵本 (25))海のいのち (えほんはともだち―立松和平・伊勢英子心と感動の絵本 (25))感想いせひでこさんの海が素晴らしい。思わず、深く思い色。思わず陽を避けようと手をかざす眩しい海。そして、人間は自然の中の一部である。決して奢ってはならない、という強いメッセージ。腹の奥底に響く作品です。読了日:02月17日 著者:立松 和平
私がモテてどうすんだ(10) (講談社コミックス別冊フレンド)私がモテてどうすんだ(10) (講談社コミックス別冊フレンド)感想家族でアニメを見た結果、全員一致で六見先輩推しでした。やっぱり六見先輩はかっこいいぜ!!読了日:02月17日 著者:ぢゅん子
私がモテてどうすんだ(11) (講談社コミックス別冊フレンド)私がモテてどうすんだ(11) (講談社コミックス別冊フレンド)感想えっと、学園ラブコメでしたよね??めっちゃアクションものになってますが…。だからね、やっぱり六見先輩なのよ(o^^o)六見先輩〜(T_T)読了日:02月17日 著者:ぢゅん子
明日の子供たち明日の子供たち感想久々の有川浩です。相変わらず読みやすいのですが、結構作風変わった感じが…いつものきゅんきゅんがない…(T_T)児童養護施設の社会的ニッチな部分が浮き彫りに。猪俣先生がアッコちゃんに再会できたあたりが、私のハイライト。読了日:02月18日 著者:有川 浩
山のいのち (えほんはともだち―立松和平・心と感動の絵本)山のいのち (えほんはともだち―立松和平・心と感動の絵本)感想6年生が使うワークシートを利用して読む。ブツ切れの最後の意味も分かった気がする。狩り、狩られるという意味の回ると、生まれ、育み、老いるという意味の回るが同時に描かれている。その中で、人は狩られることはない。コンクリの部屋はその象徴であるのかもしれない。「全ては回る。それは人の世も例外ではない。人間だけが特別じゃないぞ。忘れるなよ。」と言われている気がした。読了日:02月21日 著者:立松 和平
街のいのち街のいのち感想6年生が使うワークシートに沿って読む。文章中からは見えてこない家族の絆が見えてくる。母を愛する父、母が大好きな瞳。愛する母が死んでも仕事を優先せざるを得ない父に対する気遣いと大好きだという思い。人間の基盤は家族だよ。って思った。読了日:02月21日 著者:立松 和平
川のいのち川のいのち感想6年生が使うワークシートに沿って読む。さらりと読むと、一夏の思い出なのだが、読み込んでいくうちにそれぞれの性格が見えてくる。3人の中での悟の自己承認欲求が浮き彫りになる。進学に不安を抱えているのもよくわかる。思い出ではなく、旅立ちのお話だと思った。読了日:02月22日 著者:立松 和平
木のいのち木のいのち感想6年生が使うワークシートを使って読む。「どう手をつけるか?」と悩んだが、それぞれの年表を作りながら読んでいくと、いろいろなものが見えてくる。三従の教えと繋がった気がする。…ということは、現代にはちょっと受け入れづらいかも知れない。読了日:02月23日 著者:立松 和平
Papa told me Cocohana Ver.5 ~いつも旅行中~ (マーガレットコミックス)Papa told me Cocohana Ver.5 ~いつも旅行中~ (マーガレットコミックス)感想うさみん、北原さん、ゆりこちゃん、区長さん、新たにドールハウスのお兄さんとお向かいの定食屋夫婦が参戦。ひーばーちゃんって誰だっけ??読了日:02月27日 著者:榛野 なな恵
読書メーター
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

まとめてTweet 2017/02/13 [まとめてTweet!]


nice!(0)  コメント(0) 

1月読書 [読書いろいろ]

今年の冬休みは「赤髪の白雪姫」を読んでいました。
後は、いろいろかなぁ?いまいち思い出せない。
1月の読書メーター読んだ本の数:45読んだページ数:6290ナイス数:414赤髪の白雪姫 3 (花とゆめCOMICS)赤髪の白雪姫 3 (花とゆめCOMICS)感想表紙は木々とミツヒデ。ちょい役でき得るかと思っていたオビはなんか大活躍しちゃうし、ゆっくり低空飛行だった物語も盛り上がってるし、結構動きのある巻だった。ラジ王子が思った以上に可愛い小物で嬉しかった。それにしても、イザナ殿下を石田彰に据えたアニメスタッフすげぇ。もうそれでしか聞こえない。読了日:01月01日 著者:あきづき 空太
赤髪の白雪姫 4 (花とゆめCOMICS)赤髪の白雪姫 4 (花とゆめCOMICS)感想今回はとうとう!!そして、ミツヒデとの出会い。木々との出会いとかもあるのかなぁ?今回微妙にオビ巻だった気がする…。読了日:01月01日 著者:あきづき 空太
赤髪の白雪姫 5 (花とゆめCOMICS)赤髪の白雪姫 5 (花とゆめCOMICS)感想そういえばこんな人いたな、と言う人が再登場。だんだん動きが大きくなっていく。先がきになる。読了日:01月01日 著者:あきづき 空太
赤髪の白雪姫 6 (花とゆめCOMICS)赤髪の白雪姫 6 (花とゆめCOMICS)感想ああん!もう!いい展開!ここでクライマックスか?ラジ王子が可愛いっす。木々の活躍も嬉しい。読了日:01月01日 著者:あきづき 空太
赤髪の白雪姫 7 (花とゆめCOMICS)赤髪の白雪姫 7 (花とゆめCOMICS)感想なんか盛りだくさんだったなー。オビが退場かと思ってドキドキしたが、よかった、まだいる。ミツヒデの催眠薬は地味に面白かった。読了日:01月01日 著者:あきづき 空太
赤髪の白雪姫 8 (花とゆめCOMICS)赤髪の白雪姫 8 (花とゆめCOMICS)感想あともう一歩踏み出せ!と思うのだが、そうはいかない少女漫画のかゆさ。最高にすき。ゼンと白雪の関係も好きですが、オビと白雪もおいしいと気づいた8巻です。読了日:01月02日 著者:あきづき 空太
赤髪の白雪姫 9 (花とゆめCOMICS)赤髪の白雪姫 9 (花とゆめCOMICS)感想イザナ殿下と白雪大接近。ゼンがそばにいなくてよかった。頑張る女の子はやっぱりいいね。読了日:01月02日 著者:あきづき 空太
赤髪の白雪姫 10 (花とゆめCOMICS)赤髪の白雪姫 10 (花とゆめCOMICS)感想いろんな意味で、もうお前らとっとと結婚しちゃえよ!!って巻だった。側近のお話もよかった。木々様!好きよ(*≧∀≦*)読了日:01月02日 著者:あきづき 空太
赤髪の白雪姫 11 (花とゆめCOMICS)赤髪の白雪姫 11 (花とゆめCOMICS)感想なんとも楽しい感じになって来ましたが、白雪にとっては試練かもしれない。お見合いもおかしかった。楽しそうだな、みんなでごはん。読了日:01月02日 著者:あきづき 空太
赤髪の白雪姫 12 (花とゆめCOMICS)赤髪の白雪姫 12 (花とゆめCOMICS)感想イザナ殿下の戴冠式巻。王様がおかー様とはびっくり。しかもそっくり。白雪もなんだかんだ言いつつ頑張ったが、ラジ王子、成長したね〜。思わずうるってした。この作品で、こいつ相手にこんな感情になるとは。読了日:01月02日 著者:あきづき 空太
赤髪の白雪姫 13 (花とゆめCOMICS)赤髪の白雪姫 13 (花とゆめCOMICS)感想ここで別れ別れになってしまう2人。オビとゼンが泣かせるぜ。しっかり者の白雪が泣くシーンにもうるっとくる。先が見えなくて私も不安です。読了日:01月03日 著者:あきづき空太
赤髪の白雪姫 14 (花とゆめCOMICS)赤髪の白雪姫 14 (花とゆめCOMICS)感想恋愛モノっぽくならなくなったのは寂しいが、お仕事頑張る系でも面白い。でも、木々いないのがちょっと…読了日:01月03日 著者:あきづき空太
赤髪の白雪姫 15 (花とゆめCOMICS)赤髪の白雪姫 15 (花とゆめCOMICS)感想あーでもないこーでもないとやってる白雪が可愛いっす。どんどん離れていくような気がする2人にやきもきします。読了日:01月03日 著者:あきづき空太
赤髪の白雪姫 16 (花とゆめCOMICS)赤髪の白雪姫 16 (花とゆめCOMICS)感想なんか不穏な雰囲気に!!次はいつ出る!?読了日:01月03日 著者:あきづき空太
食卓の魔術師 (花とゆめCOMICS)食卓の魔術師 (花とゆめCOMICS)感想懐かしい。いちごカルミンが忘れられなくて、古本屋探して買ったら、ほぼ当時の値段だった…まじか読了日:01月06日 著者:佐々木 倫子
たくさんのふしぎ 2017年 01 月号 [雑誌]たくさんのふしぎ 2017年 01 月号 [雑誌]感想なるほどなぁ。こんな見方すると、絵を描く気になる!うまく描くかじゃないんだ。上手に線を使ってイマジネーションを広げてくんだ!読了日:01月12日 著者:
チリメンモンスターのひみつ さぐれ!  海の生き物のくらしチリメンモンスターのひみつ さぐれ! 海の生き物のくらし感想小3の三女と。夏にチリモンを探した事もあって、「これ、いたね。」「これ欲しかったね〜」と思い出を語りながら読む。もう一度やりたいな。読了日:01月12日 著者:
コレットは死ぬことにした 2 (花とゆめCOMICS)コレットは死ぬことにした 2 (花とゆめCOMICS)感想やっぱりこの巻が一番好きだな。読了日:01月14日 著者:幸村アルト
コレットは死ぬことにした 3 (花とゆめCOMICS)コレットは死ぬことにした 3 (花とゆめCOMICS)感想改めて読んで、カロンの話がいいね。友達に借りてたけど、結局買っちゃったよ。読了日:01月14日 著者:幸村アルト
コレットは死ぬことにした 4 (花とゆめコミックス)コレットは死ぬことにした 4 (花とゆめコミックス)感想結局買っちゃったよ。じっくり読むとウルウルしちゃう。頑張り屋で素直なコレットに勇気をもらう。ハデス様が離したくない理由もわかる気がする。そして、ガイコツさんのやっかみも(^_^;)読了日:01月15日 著者:幸村アルト
コレットは死ぬことにした 5 (花とゆめコミックス)コレットは死ぬことにした 5 (花とゆめコミックス)感想心が弱ってる時には効くわ、この本。ハリーも柊ちゃんも可愛くて大好き。ハデス様は恥ずかしくて直視できない…。読了日:01月15日 著者:幸村アルト
王さまライオンのケーキ はんぶんの はんぶん ばいの ばいの おはなし王さまライオンのケーキ はんぶんの はんぶん ばいの ばいの おはなし感想算数としても面白いけど、お話としても面白い。なかなかこの手の本でバランスのとれた作品は少ないので、とってもいい!ケーキも美味しそうだけど、王様がかっこいい。読了日:01月18日 著者:マシュー・マケリゴット
たのしい刺しゅうレッスンたのしい刺しゅうレッスン感想小6次女のために借りる。基本がきちんと載ってて可愛い。ちょっと慣れたらすぐできそうでいい。色選びもセンスだなぁ。読了日:01月18日 著者:
娘の味 残るは食欲3娘の味 残るは食欲3感想おひる前に食べたから…じゃなくて読んだから、お腹減った…。阿川さんのフットワークの軽さに脱帽。朝シャンも羨ましい。オックステールやりたいな。あーもーお腹減った。今度から、インドカレーの店に行ったら「食べるぞ、食べるぞ〜!」って合わせてみよう。読了日:01月19日 著者:阿川 佐和子
かんたん! おいしい! 作りおきのおかずかんたん! おいしい! 作りおきのおかず感想まずは蒸し鶏からやってみよう。読了日:01月19日 著者:
使いきり 作りおきおかず―「ただいま」からすぐできごはん!お弁当作りも10分で手間なし!おかずバリエがラクラクふえる! (主婦の友αブックス)使いきり 作りおきおかず―「ただいま」からすぐできごはん!お弁当作りも10分で手間なし!おかずバリエがラクラクふえる! (主婦の友αブックス)感想ここまで手はかけられないかもしれない。もしくは、これ単品じゃオカズにならないな、というもの多し。バリエーションは広げやすいと思う。読了日:01月19日 著者:堀江 ひろ子,ほりえ さわこ
簡単ワンプレートがいっぱい! 朝ごはんの本 (ei cooking)簡単ワンプレートがいっぱい! 朝ごはんの本 (ei cooking)感想求めるのは、ワンプレートじゃないんだよーと思ったら、ワンプレートの本だった。失敗失敗。でもフライパンで焼くトーストは試したい。読了日:01月19日 著者:星野 奈々子
作っておくと、便利なおかず作っておくと、便利なおかず感想今回、朝ごはんのために色々借りた中では、これが一番ぴったりだった。単品でもオカズになり、アレンジも効く。作るのも、夕飯のついでに作れて便利だった。読了日:01月19日 著者:ベターホーム協会 
暮らし上手の朝ごはん (エイムック)暮らし上手の朝ごはん (エイムック)感想以前も読んでいた。誰か作ってくれるなら大歓迎。読了日:01月19日 著者:
最後のゲーム最後のゲーム感想研修のビブリオバトルで紹介されていた本。「わかるんだよね。子供達が成長しながら悩んでいくことが」という推しでしたが、もやもやとして言葉にできない気持ちが伝わってきました。しかし、収支気味の悪い感じでやっぱりホラーだった…。一気に読まないと後悔しそうだったのでがんばった。読了日:01月22日 著者:ホリー・ブラック
南紀の台所 4 (ヤングジャンプコミックス)南紀の台所 4 (ヤングジャンプコミックス)感想これで最終回。最後のお話は、私が実家に帰った時に感じる感覚と同じだった。都会にはないよさが、田舎にはあるんだよ。服とかカフェとかそういう作った物じゃなくて、いろんな物の恩恵を受けている物が本当にたくさんあるんだ。特においしい食材とか♪読了日:01月22日 著者:元町 夏央
プンクマインチャ―ネパール民話 (こどものとも傑作集)プンクマインチャ―ネパール民話 (こどものとも傑作集)感想いろんなお話を混ぜ込んだような内容だが、二転三転して飽きない。絵が独特でいいわ。プンクは幸せになれたのかな?読了日:01月24日 著者:大塚 勇三
マーシャとくま―ロシア民話 (世界傑作絵本シリーズ―ロシアの絵本)マーシャとくま―ロシア民話 (世界傑作絵本シリーズ―ロシアの絵本)感想小さい頃から大好きだった本。おまんじゅうが美味しそうで。こんなに短い話だったか?えー?半年位クマの家で過ごしていたイメージがあるよ。そんな風に受け取ってたんだな。読了日:01月24日 著者:M・ブラトフ
いのちの時間―いのちの大切さをわかちあうためにいのちの時間―いのちの大切さをわかちあうために感想日野原さんの「いのちのおはなし」に似ているが、もっと年齢が上の人たち向き。淡々と語られるいのちの時間。大事にしないと。読了日:01月24日 著者:ブライアン メロニー
たまごのひみつ (科学のアルバム)たまごのひみつ (科学のアルバム)感想身近な卵がひよこになるまで。受精卵を割って観察している。グロいといえばそうだけど、生命って不思議…。読了日:01月24日 著者:清水 清
コレットは死ぬことにした 6 (花とゆめCOMICS)コレットは死ぬことにした 6 (花とゆめCOMICS)感想もう、すべての感想にナイスつけたい(≧∀≦)ハデス様、どんどんデレて行きます。つか、デレ通り越して、ただのタラシだろ〜!?でも、そんなハデス様も好きです。ガイコツかわいい…。コレットなんて贅沢は言わない。私もガイコツになりたい…。そして、癒されたい。読了日:01月24日 著者:幸村アルト
国生みのはなし~イザナキとイザナミ~: 日本の神話 古事記えほん【一】 (日本の神話古事記えほん)国生みのはなし~イザナキとイザナミ~: 日本の神話 古事記えほん【一】 (日本の神話古事記えほん)感想小6次女と小3三女に読み聞かせ。「三枚のお札みたいだね。」「日本の神様持ち物からも生まれるんだね。」と言ってた。初見で読み聞かせしちゃったからドキドキしながら読んだ。黄泉の国の所で三女がビビってた(^_^;)私もぶつ切りでは知ってたがちゃんと読むのは初めてだったかも。こういうのはちゃんと知らせないとな、と思った。読了日:01月26日 著者:荻原 規子
桜風堂ものがたり桜風堂ものがたり感想コンビニ黄昏堂的ちょっと不思議な話かと思ったけど、「人の縁って不思議」と思える作品だった。みんながみんなそれぞれが人との関わりに傷つき、怯え、ためらう部分を持っていて、そんな中で「四月の魚」を通し、一歩を踏み出す。それが大きな流れとなって行く気持ち良さ。心が弱い時に読んだので、泣き通しだった。抱えてたものの一部を涙と一緒に流してさっぱりした。元気でた。読了日:01月27日 著者:村山 早紀
ワカコ酒 8 (ゼノンコミックス)ワカコ酒 8 (ゼノンコミックス)感想昔、生協で売ってて大好きだったほねく。和歌山のものなんだね。もつカレーもほねくも焼き味噌も美味しそうです。小3三女が水ナスの塩もみが食べたいとうるさい。夏になったら作ったる。読了日:01月27日 著者:新久千映
宇宙兄弟(30) (モーニング KC)宇宙兄弟(30) (モーニング KC)感想最高に元気が出る作品。頑張れ!二人とも頑張れ!私も頑張るから!読了日:01月29日 著者:小山 宙哉
カードキャプターさくら クリアカード編(1) (KCデラックス なかよし)カードキャプターさくら クリアカード編(1) (KCデラックス なかよし)感想さくらちゃんおかえりー。うっわ結構忘れてる。絵も少し変わったね。でも、相変わらず超絶かわいいからいいとする。読了日:01月29日 著者:CLAMP
Bread&Butter 5 (マーガレットコミックス)Bread&Butter 5 (マーガレットコミックス)感想パン屋に行かねばなるまい。くるみとイチジクのパン、クロワッサン、バケット。週末はパン屋へ行こう。さて、物語はいよいよ核心へ。このままなしくずしに結婚…ではないだろうと思ったが…。次巻が楽しみです。読了日:01月29日 著者:芦原 妃名子
天の岩屋~アマテラスとスサノオ~: 日本の神話 古事記えほん【二】天の岩屋~アマテラスとスサノオ~: 日本の神話 古事記えほん【二】感想なんとなく知ってたけどお話を読むのは初めて。日本の神様はいろんなことするなぁ。読了日:01月29日 著者:荻原 規子
クリスマス・キャロル (岩波少年文庫)クリスマス・キャロル (岩波少年文庫)感想昔々のミュージカル映画が大好きで、お話は知っていましたが、実際読むのは初めて。翻訳ものなので独特な言い回しは噛みきれないものの、やっぱり面白い。そして、読み終わってこんなに幸せな気分、しかも内なる幸せでなく、誰かに施したくなる幸せなんてなんと得難い読了感。「クリスマスって誰かを幸せにしてあげたくなるのよね。」なんて台詞も何かの本で聞いたことあるけど、まさにそれ。ここにいるみんなにも贈ろう。「神様のお恵みがみーんな全部にありますように!」読了日:01月30日 著者:チャールズ ディケンズ
やまたのおろち~スサノオとクシナダヒメ~: 日本の神話 古事記えほん【三】やまたのおろち~スサノオとクシナダヒメ~: 日本の神話 古事記えほん【三】感想大宜津比売は「神様の御用人」でも出たぞ。「鼻から口からお尻から食べ物出すなんてかっこいい〜」と言ったら、娘たちにドン引きされた。さすが、食べ物の神だなぁって思ったんだよー。読了日:01月30日 著者:荻原 規子
読書メーター
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:
前の10件 | -