So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

まとめてTweet 2017/08/09 [まとめてTweet!]


nice!(0)  コメント(0) 

7月読書 [読書いろいろ]

はしはしにコレットが入っているのが、「つかれてんだなぁ」というのを感じさせる。
7月は疲れるんだよ、毎年。
7月の読書メーター
読んだ本の数:24
読んだページ数:3601
ナイス数:315

シャープさんとタニタくんRT (クロフネコミックス)シャープさんとタニタくんRT (クロフネコミックス)感想
こっちのが面白かった。井村屋さんが出て来たのが嬉しいです。
読了日:07月03日 著者:仁茂田 あい
小夜しぐれ (みをつくし料理帖)小夜しぐれ (みをつくし料理帖)感想
澪以上に周りの人たちが目立った感じはした。これから大きく動きそうな予感を感じさせつつ終了。アサリのお神酒蒸しは絶品だった(((o(*゚▽゚*)o)))♡
読了日:07月06日 著者:高田 郁
なんで学校に行きたくないんだろう? (こんのひとみ心の言葉)なんで学校に行きたくないんだろう? (こんのひとみ心の言葉)感想
不登校気味の高一長女の心がわかるかと思ったんだが、いやその辺はよく分かってるんだ。というレベル。
読了日:07月07日 著者:こんの ひとみ
身代わり伯爵の冒険 第3巻 (あすかコミックスDX)身代わり伯爵の冒険 第3巻 (あすかコミックスDX)感想
読むのに時間がかかっちゃった。みんなキラキラしてて好き!筋肉も含めて。周りの事件より、リヒャルトとミレーユの恋の行方が気になります。ニヤリ。(-_-)
読了日:07月08日 著者:柴田 五十鈴
身代わり伯爵の冒険 第4巻 (あすかコミックスDX)身代わり伯爵の冒険 第4巻 (あすかコミックスDX)感想
どいつもこいつもど天然が…!!と思いつつ楽しく読んだ。お姉さまが驚き!
読了日:07月08日 著者:柴田 五十鈴
身代わり伯爵の冒険 第5巻 (あすかコミックスDX)身代わり伯爵の冒険 第5巻 (あすかコミックスDX)感想
とうとう自分のパンの味に気づいてしまったミレーユ。
そして乙女日記の存在まで!!今回もテンポよく進んで行きま。リヒャルトとの恋の行方は?やっぱりそっちが気になります。
読了日:07月08日 著者:柴田 五十鈴
身代わり伯爵の冒険 第6巻 (あすかコミックスDX)身代わり伯爵の冒険 第6巻 (あすかコミックスDX)感想
ここで終わりなの!?原作はどこからが続きなの??二人の恋の行方は?!
読了日:07月09日 著者:柴田 五十鈴
身代わり伯爵と秘密の日記 (あすかコミックスDX)身代わり伯爵と秘密の日記 (あすかコミックスDX)感想
リヒャルト自身の問題って何!?原作読まなきゃダメよね。楽しくて嬉しくてドキドキしちゃうんだけど、とにかくこの二人の行く末が気になって…ああああ〜
読了日:07月09日 著者:柴田 五十鈴
青春×機関銃(10) (Gファンタジーコミックス)青春×機関銃(10) (Gファンタジーコミックス)感想
9巻から随分時間を空けて読んだので、春樹くんの双子設定とか綺麗に忘れてた。とうとうカミングアウト。そして、お母様の登場って前出てたよね??さて、もう一つの蛍の謎が明かされるか?続き気になる。
読了日:07月10日 著者:NAOE
コレットは死ぬことにした 4 (花とゆめCOMICS)コレットは死ぬことにした 4 (花とゆめCOMICS)感想
癒されたくて、そばにあった4巻を手にする。元気でた。今週も頑張ろうと思った月曜日の朝。
読了日:07月10日 著者:幸村アルト
青春×機関銃(11) (Gファンタジーコミックス)青春×機関銃(11) (Gファンタジーコミックス)感想
なんか長そうな感じ…春樹くんの復活はいつ!?まて次号!
読了日:07月10日 著者:NAOE
コレットは死ぬことにした 7 (花とゆめCOMICS)コレットは死ぬことにした 7 (花とゆめCOMICS)感想
一度目に読んだ時は、かなりオマケ漫画を読み飛ばしてたんだけど、ラブリーわんわん一緒に遊ぼうフリスビーに照れるハデス様が可愛くて仕方がな(o^^o)
読了日:07月15日 著者:幸村アルト
月刊少女野崎くん(7) (ガンガンコミックスONLINE)月刊少女野崎くん(7) (ガンガンコミックスONLINE)感想
6巻を読んでないことに気づくが、まあいいことにしよう。野崎率が低い気がするが、相変わらず。
読了日:07月17日 著者:椿 いづみ
宇宙兄弟(31) (モーニング KC)宇宙兄弟(31) (モーニング KC)感想
待ちに待った日々人始動の会。オリガともいい感じ。ちっと前までムッタのピンチや芹香さんの誹謗中傷だったので、今回は穏やかだった。日々人が動くと宇宙兄弟!って感じになる。
読了日:07月17日 著者:小山 宙哉
コレットは死ぬことにした 3 (花とゆめCOMICS)コレットは死ぬことにした 3 (花とゆめCOMICS)感想
「がんばれわたし!元気出せ!ファイト!」の処方薬コレット。私も、ハデス様の特別になりたい…。いつかの付録のCDドラマのハデス様に癒されよう。
読了日:07月19日 著者:幸村アルト
美術館で働くということ 東京都現代美術館 学芸員ひみつ日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)美術館で働くということ 東京都現代美術館 学芸員ひみつ日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)感想
博物館大好きな不登校気味の高1長女が、この本でなにか見出してくれるといいなと思い古本で購入。作品を展示することにこんなに力と知恵が注がれてるとは…!学芸員って研究もしてるのね。
読了日:07月20日 著者:オノユウリ
コレットは死ぬことにした 6 (花とゆめCOMICS)コレットは死ぬことにした 6 (花とゆめCOMICS)感想
週末の疲れも吹き飛ぶよね。毎日読んでるって、疲れてんだな(^_^;)
読了日:07月22日 著者:幸村アルト
戦国人物伝 淀殿 (コミック版日本の歴史)戦国人物伝 淀殿 (コミック版日本の歴史)感想
ヒステリックな愚かな悪女と描かれることの多い淀殿だが、今回主役ということで芯の強く潔い女性だった。ここまで描き方が変わる女性も珍しいのではないか。淀が主役の伝記漫画の存在自体が嬉しい。知識の幅が広がっていいな。歴史をどの視点から見るかって大事よね。
読了日:07月23日 著者:静霞 薫,瀧 玲子,加来 耕三
みんなのなやみ (よりみちパン!セ (01))みんなのなやみ (よりみちパン!セ (01))感想
読んで反省。私は、重松清さんが、こう答えちゃダメってことを子どもに言ってきたんじゃないか?もっと考えなきゃいけなかったんじゃないか。優しい言葉で冷静に寄り添い、道を示す。こんなに答えなら子どもも悩まなかったんじゃないか。子どもも読むといいけど、親にも読んでほしい。こんな風に導くんだよって。
読了日:07月23日 著者:重松 清
羊と鋼の森羊と鋼の森感想
笑顔で本を閉じられた。穏やかで優しくて、湿気とか匂いとか肌で感じられるようだった。以前国語の長文問題で、双子ちゃんと出会うシーンが使われてて、答えに納得がいかなかったが、全部読んでこの2人の関係は問題以上に深いこともわかった。それにしても調律師って大変な仕事なのね〜。
読了日:07月24日 著者:宮下 奈都
鹿楓堂よついろ日和 5 (BUNCH COMICS)鹿楓堂よついろ日和 5 (BUNCH COMICS)感想
ナポリタンが私を読んでいる。この本、借りもんだけど、買っちゃおうかな。レシピ集とか出てないのかな?ちょっとした隠し味が覚えたいんだよね。
読了日:07月25日 著者:清水 ユウ
鹿楓堂よついろ日和 6 (BUNCH COMICS)鹿楓堂よついろ日和 6 (BUNCH COMICS)感想
ああもう!お腹減る〜!たこ焼きしたーいー!
読了日:07月25日 著者:清水 ユウ
Bread&Butter 6 (マーガレットコミックス)Bread&Butter 6 (マーガレットコミックス)感想
2人の関係は!?って終わった前巻。落ち着いてよかった!とも思ったが、え?なに?さらに波乱?7巻が気になる(^_^;)
読了日:07月25日 著者:芦原 妃名子
雨の降る日は学校に行かない雨の降る日は学校に行かない感想
「午前零時のサンドリオン」と「マツリカ・マジョルカ」を読んでいたが全く好きになれず、もう読まないと思っていた作家さんだが、今回のはよかった。とってもリアルで苦しい気持ちも共感出来た。また別の読んでみよう。
読了日:07月28日 著者:相沢 沙呼

読書メーター

nice!(1)  コメント(0) 

まとめてTweet 2017/08/04 [まとめてTweet!]


nice!(0)  コメント(0) 

まとめてTweet 2017/07/05 [まとめてTweet!]


nice!(0)  コメント(0) 

6月読書 [読書いろいろ]

マンガが極めて少なく、がんばって本ばかり読んでいました。
よっしゃ!
6月の読書メーター
読んだ本の数:25
読んだページ数:3116
ナイス数:284

カブキブ! 6 (角川文庫)カブキブ! 6 (角川文庫)感想
えええええ!!ここで終わり??すっごい気になるんだけど!絶対渡子でしょう〜でも全然違うかも。海老原との語らいが何か伏線になるのでは??とも思ってる。すっごく彼の心に大きな影響があったんじゃないかと。役者にとって舞台に穴開けるなんてあっちゃいけないことだから、その辺で何か…。台本も戻したし…。遠見先生振られちゃうしー。演劇部でひとりぼっちになっていく芳先輩の辺りはぐっときちゃった。ああ気になる!次はいつになるの?
読了日:06月01日 著者:榎田 ユウリ
文豪図鑑文豪図鑑感想
知的系イケメンカタログとして楽しみました。アーネスト・ヘミングウェイが!超好み!!いいんじゃない?見かけ大事よ。これきっかけで読むのもあり!うちの子、
文ストから、太宰治も坂口安吾も読んだもん。小6で。
読了日:06月02日 著者:
まるで童話のような、世界のかわいい村と美しい街まるで童話のような、世界のかわいい村と美しい街感想
かわいい〜!ヨーロッパ中心になるのは仕方ないか。巨石が乗ってるお家がびっくり!
読了日:06月03日 著者:
異世界食堂 1 (ヒーロー文庫)異世界食堂 1 (ヒーロー文庫)感想
とにかくお腹が減るのです。近いうちに絶対角煮作る!!常連さんも顔を出し、知り合いがどんどん増えてく感じも楽しいです。
読了日:06月07日 著者:犬塚 惇平
トンチンさんはそばにいる (単行本図書)トンチンさんはそばにいる (単行本図書)感想
作品紹介を読んだ時、自閉症とかの子をどう受け入れるか?的なテーマかと思ったが、その辺は全くなく、あくまでも子供の目線で「ちょっと自分とは感覚が違う子」という位置で進んで行く。あったかい気持ちになった。みんなにもトンチンさんはいる。そういえば私にもいるもんね。
読了日:06月07日 著者:さえぐさ ひろこ
十一月のマーブル十一月のマーブル感想
今年度課題図書の「僕たちのリアル」が気に入って読んでみました。重く苦しくも切なく美しくみずみずしい世界。装丁も影響しているかな?途中は予想通りだったが、最後は「ヤラレター!」って感じ。問題を匂わせつつ、ミスリードしつつ、本質は予想外。全部明らかにした時の切なさというかやるせなさが…みんな幸せになってと切に祈る。
読了日:06月08日 著者:戸森 しるこ
呪 小泉八雲・三島由紀夫ほか (文豪ノ怪談 ジュニア・セレクション)呪 小泉八雲・三島由紀夫ほか (文豪ノ怪談 ジュニア・セレクション)感想
びっくりしたのが、ページ半分が注釈。現代っ子はこれくらいしないと無理かーと思いながら読んでいたが、いやいや、この注釈に楽しみ方もちゃんとあって、「なるほどね〜」と思いながら読んだ。どれも面白かったが、「予言」「くだんのはは」「復讐」がゾクゾクきた。慣れてきたのもあるかな?どうしよう、面白い。次も行こう。
読了日:06月13日 著者:小泉八雲,三遊亭円朝,三島由紀夫
東北 ご朱印めぐり旅 乙女の寺社案内東北 ご朱印めぐり旅 乙女の寺社案内感想
最近始めたご朱印集め。いろんな神様がいらっしゃる。いただいてはみたものの、名前ばっかり知っててその実は今ひとつわかっていないことも多い。こんな風に説明してもらえると楽しい。しかし、東北まで行けるのはいつのことやら…
読了日:06月13日 著者:みちのく巡りん倶楽部
365日日本一周 絶景の旅365日日本一周 絶景の旅感想
あー旅行行きたい…。滋賀、岐阜やっぱり穴場よね〜。石川がやけに山中温泉推しだった。「千枚田がない…」と中1次女が不満気。
読了日:06月14日 著者:
おいでおいでの木においで (スピカの創作童話)おいでおいでの木においで (スピカの創作童話)感想
教科書で紹介されているのに、すでに絶版と言うわけで気になっていた本です。うっかり結末読んで「え!?お兄ちゃんまさか!!」って思って、はじめから読んで納得。高1長女が苦しんでいる今、手元に来たのは巡り合わせだろう。両親は私と同じだ。子どもは大人になって行くことを認めないとな…
読了日:06月16日 著者:石井 睦美
モンタギューおじさんの怖い話モンタギューおじさんの怖い話感想
司書仲間にオススメされた本。普段この手の本は読まないから、ビクビクしながら読んだ。「剪定」が強烈だった…。のこりの2冊、読みたいような読みたくないような…
読了日:06月19日 著者:クリス プリーストリー
図書館の主 15 (芳文社コミックス)図書館の主 15 (芳文社コミックス)感想
新刊を楽しみにしていたシリーズが終わった…。この作品に出てきた本は、既読の本もあれば未読の本もあり、御子柴に出会って、手に取った本も多かった。私にとっても御子柴さんは大事な存在だったなぁ。と。「コロボックル物語」読んでないんだよねー。あの頃の私には絵が怖かったの( ;∀;)今日から読みます。
読了日:06月20日 著者:篠原 ウミハル
カメラを食べたゾウ―もうひとつのかわいそうなゾウの物語カメラを食べたゾウ―もうひとつのかわいそうなゾウの物語感想
クウェート版かわいそうなゾウ。絵はあまり深刻ではないので、読み聞かせしやすそうだが、視点をゾウにするのはどうなんだろう?ファンタジーになってしまいそう。
読了日:06月20日 著者:鎌田 俊三
3万冊の本を救ったアリーヤさんの大作戦―図書館員の本当のお話3万冊の本を救ったアリーヤさんの大作戦―図書館員の本当のお話感想
図書館は人類の叡智の蓄積。たった一人の司書が行動を起こしたおかげでたくさんの本が戦火を免れた。この本を元に復興して行くことを願います。
読了日:06月20日 著者:マーク・アラン スタマティー
つまんない つまんない (MOEのえほん)つまんない つまんない (MOEのえほん)感想
「つまんない。なんか面白い事ない?」という問いかけがこの世の中で一番嫌い。「人から与えられた『面白い』なんて意味がない。自分で探し出さなきゃ『つまんない』から抜け出せない」と思っているのだが、まさか「つまんない」から「面白い」を錬成するとは、さすがヨシタケシンスケ!つまんないすら面白い。見習わなければ…
読了日:06月20日 著者:ヨシタケ シンスケ
ノラガミ(18) (講談社コミックス月刊マガジン)ノラガミ(18) (講談社コミックス月刊マガジン)感想
久々に読んだので17巻の内容が今ひとつ思い出せず。でも、切ない展開が続く。大黒〜( ;∀;)
読了日:06月20日 著者:あだち とか
100万回生きたねこ (講談社の創作絵本)100万回生きたねこ (講談社の創作絵本)感想
読み聞かせ用に下読み。本の好きな姉は私に一切読み聞かせをしてくれなかった。2歳くらいの私に、この本を読み聞かせしたところ、大泣きしたらしく、「あれ以来、罪悪感に苛まれて無理」と大人になって教えてくれた。最後に2匹とも死んじゃうのが悲しかったんだろうけど、今読むと違う意味で泣ける。ただ、この本を読んだ小学生が決まって「100万回も生き返るなんてすごいです」って感想書いてくるのが…(T ^ T)
読了日:06月23日 著者:佐野 洋子
1つぶのおこめ―さんすうのむかしばなし1つぶのおこめ―さんすうのむかしばなし感想
小4に読み聞かせ。グイグイ引き込まれて行くのが分かる。はじめは王様側にいた子どもたち。途中から「え?まじ?やべぇ!」って声が上がる。いい反応。
読了日:06月23日 著者:デミ
きつねのおきゃくさま (創作えほん)きつねのおきゃくさま (創作えほん)感想
小2に読み聞かせ。「きつねもいるぜ」を失敗。くぅ!(;_;)
読了日:06月23日 著者:あまん きみこ
サムとデイブ、あなをほるサムとデイブ、あなをほる感想
あー!惜しい〜!と何度も思う。すんごいもの見つけちゃったよね?読後モニョモニョする気持ちをどうしていいのか…(>人<;)
読了日:06月26日 著者:マック バーネット
今朝の春―みをつくし料理帖 (ハルキ文庫 た 19-4 時代小説文庫)今朝の春―みをつくし料理帖 (ハルキ文庫 た 19-4 時代小説文庫)感想
ドラマが始まったので続きを。あー季節が合わない。蕪もさわらも気持ち外してるよ!せめてははきぎ御飯だけでもと思い、とんぶり求めてスーパー放浪中です。ドラマは見事なキャストで、「いけねぇよぉ〜」が小日向文世の声で聞こえてくるよ!!このシリーズ買っちゃおうかな(>人<;)
読了日:06月28日 著者:高田 郁
シャープさんとタニタくん@ (クロフネコミックス)シャープさんとタニタくん@ (クロフネコミックス)感想
初めてこれが出たのを知った時、「まさかのBL化?!」と思った…すみません…なんとなくフォローしてますが、全然読んでないので、こんな感じなのか…と改めて思いました。中の人大変だろうなと御察しします。
読了日:06月29日 著者:仁茂田 あい
けんかのきもち (からだとこころのえほん)けんかのきもち (からだとこころのえほん)感想
1年生に読み聞かせ。読み方が下手だったか、絵か゛おもしろいと笑っていた。心に落ちる物があったかどうかは、今ひとつ。
読了日:06月30日 著者:柴田 愛子
しずくのぼうけん (世界傑作絵本シリーズ)しずくのぼうけん (世界傑作絵本シリーズ)感想
一言感想が軒並み「しずくがぼうけんした」(絶対読んでないよなぁ…)だったので、1年生に読み聞かせ。長いのか飽きたらしい…。4年後くらいに思い出してくれればいいかな。三態変化を習うときに。
読了日:06月30日 著者:マリア・テルリコフスカ
100万回生きたねこ (講談社の創作絵本)100万回生きたねこ (講談社の創作絵本)感想
4年生に読み聞かせ。前半の繰り返しに途中うんざりして茶化していた子達も、最後にはしんとして聞いてくれた。何か残ったようだった。
読了日:06月30日 著者:佐野 洋子

読書メーター

nice!(0)  コメント(0) 

まとめてTweet 2017/06/18 [まとめてTweet!]


nice!(0)  コメント(0) 

まとめてTweet 2017/06/17 [まとめてTweet!]


nice!(0)  コメント(0) 

5月読書 [読書いろいろ]

今月はいっぱい本を読んだぜ!
と思ったら、やっぱりマンガ多かった…
でも、今月は課題図書読破したしね!
がんばったよね!
5月の読書メーター
読んだ本の数:41
読んだページ数:5559
ナイス数:348

どうしてカは耳のそばでぶんぶんいうの?―西アフリカの民話よりどうしてカは耳のそばでぶんぶんいうの?―西アフリカの民話より感想
「風が吹くと桶屋が儲かる」の逆パターン。どんどん思わぬ方向で繋がっていく系昔話です。「サムリ、豆を取り戻す」とか「わらしべ長者」とか。絵がとっても素敵。色も目がさめるような鮮やかな色使い。
読了日:05月02日 著者:ヴェルナ アールデマ,レオ ディロン
いまさら翼といわれてもいまさら翼といわれても感想
待ちに待った古典部。面白かった〜!何度も行った高山の街並みを思い出しながら読んだ。「連峰は晴れているか」はアニメで見たけど、小説ももちろんよかったし、「鏡には映らない」も嫌な感じの話だがよかった。どれもよかったけど、「長い休日」が一番しっくりきたかもしれない。幸せなひと時だった。
読了日:05月02日 著者:米澤 穂信
カブキブ! (4) (角川文庫)カブキブ! (4) (角川文庫)感想
前回の公演でなんか落ち着いちゃった気がして、読んでませんでした。アニメ化を機に続きを…。今迄真っ直ぐな人たちばかりだった歌舞伎同好会に曲者が…尾を引きそうです。つか、舞台ボイコットなんてマジありえんし!!うちの子だったら市中曳き回しよ!!
読了日:05月03日 著者:榎田 ユウリ
うちの陛下が新米で。 第1巻 (あすかコミックスDX)うちの陛下が新米で。 第1巻 (あすかコミックスDX)感想
まっすぐな話で読みやすいが、これから色々あるのではないかと予想する。今はシュカがちょっとうざいが、まだ1巻ということで。
読了日:05月04日 著者:湖住 ふじこ
うちの陛下が新米で。 第2巻 (あすかコミックスDX)うちの陛下が新米で。 第2巻 (あすかコミックスDX)感想
ほらほら盛り上がってきましたよ。そうかな?と思っていたので、意外な展開ではないものの。猫があーなるとは。なんかうふふ。
読了日:05月04日 著者:湖住 ふじこ
うちの陛下が新米で。 第3巻 (あすかコミックスDX)うちの陛下が新米で。 第3巻 (あすかコミックスDX)感想
お隣の国の王様が清々しいくらい器がお小さくてよろしいかと。番外編が面白かった。
読了日:05月06日 著者:湖住 ふじこ
うちの陛下が新米で。 (4) (あすかコミックスDX)うちの陛下が新米で。 (4) (あすかコミックスDX)感想
次の話も気になりますが、禁軍のお兄さん達が可愛くて好きです。非常に心配でもありますが…番外編も好き。
読了日:05月06日 著者:湖住 ふじこ
うちの陛下が新米で。 (4) (あすかコミックスDX)うちの陛下が新米で。 (4) (あすかコミックスDX)感想
浪立のお話完結。もっと悪いやつかと思ったら、彼は彼なりにいい人でした。そして、なんか嫌な感じに話に突入しそうです。
読了日:05月06日 著者:湖住 ふじこ
うちの陛下が新米で。 (5) (あすかコミックスDX)うちの陛下が新米で。 (5) (あすかコミックスDX)感想
可愛いシンシンが!!伏等の小物っぷりも可愛い。
読了日:05月06日 著者:湖住 ふじこ
うちの陛下が新米で。 (6) (あすかコミックスDX)うちの陛下が新米で。 (6) (あすかコミックスDX)感想
とうとう王が前に。そしてどさくさに紛れて告るゼン。シンシンが可愛い。マジ可愛いよ。
読了日:05月06日 著者:湖住 ふじこ
うちの陛下が新米で。 (7) (あすかコミックスDX)うちの陛下が新米で。 (7) (あすかコミックスDX)感想
政治のお話が片付いて、恋のお話へ。浪立様は影が薄くなったなぁ。なんか、もっと丁寧に物語進めたらいいのになぁと思った。後日談ももっと細やかに描いたらいいエピローグになるのにな。全体にさらっとし過ぎ。お話自体は面白いのに…もったいない。
読了日:05月06日 著者:湖住 ふじこ
後宮デイズ~花の行方~(11)(プリンセス・コミックス)後宮デイズ~花の行方~(11)(プリンセス・コミックス)感想
続いておりました。相変わらず二人より周りが楽しい。お妃様達が前向きに幸せになれて嬉しい。
読了日:05月06日 著者:すもも もも
後宮デイズ~花の行方~(12)(プリンセス・コミックス)後宮デイズ~花の行方~(12)(プリンセス・コミックス)感想
一番好きな木蓮様が幸せになれて嬉しい。もっと見てたい…
読了日:05月06日 著者:すもも もも
ぼくは地球と歌う 「ぼく地球」次世代編II 1 (花とゆめCOMICS)ぼくは地球と歌う 「ぼく地球」次世代編II 1 (花とゆめCOMICS)感想
あれ?読んでる??全然内容覚えてないんだけど…。結構後出し多くて、記憶と照合するのが大変です。
読了日:05月08日 著者:日渡早紀
ぼくは地球と歌う 「ぼく地球」次世代編II 2 (花とゆめCOMICS)ぼくは地球と歌う 「ぼく地球」次世代編II 2 (花とゆめCOMICS)感想
何が何だか全然わかりませんが、とりあえず三角が原因だということがわかった。久しぶりの本気輪がいいぞ!
読了日:05月08日 著者:日渡早紀
野獣は激しく奪う 6 (花とゆめCOMICS)野獣は激しく奪う 6 (花とゆめCOMICS)感想
相変わらず甘々で、爆発しろよ、お前ら!って感じ。次巻は波乱の様相。元彼とライバルが参戦して、おそろしいことになりそう。でも、二人のラブラブに当てられて終了って気がしないでもない。
読了日:05月08日 著者:水谷京子
身代わり伯爵の冒険 第1巻 (あすかコミックスDX)身代わり伯爵の冒険 第1巻 (あすかコミックスDX)感想
コバルト系か?と思ったら、ビーンズのコミカライズでした。多少の飛ばし感はあるものの、うまい具合に楽しいところをビジュアル化してる。原作読んでみようかな?って気になる。
読了日:05月09日 著者:柴田 五十鈴
身代わり伯爵の冒険 第2巻 (あすかコミックスDX)身代わり伯爵の冒険 第2巻 (あすかコミックスDX)感想
もしかして出てこないんじゃないかと思ってたフレッドが華麗に登場!ちょっと大げさ過ぎないか?と思った評判以上にいけてる兄ちゃんでした。パパといいコンビです。お話は思ったよりあっさり終わったので、原作行っちゃう??って感じ。
読了日:05月10日 著者:柴田 五十鈴
ばあばは、だいじょうぶ (絵本・ちいさななかまたち)ばあばは、だいじょうぶ (絵本・ちいさななかまたち)感想
2017低学年課題図書。胸がきゅーっと痛くなる。おばあちゃんのメモは辛い。本人も辛いんだなぁ。誰もが思うことなんだろうな。あとがきの作者の正直な気持ちがずきりとくる。課題図書に少子高齢化をテーマにした作品が入るとは、時代を感じる。
読了日:05月11日 著者:楠 章子
図書館戦争 LOVE&WAR 別冊編 3 (花とゆめCOMICS)図書館戦争 LOVE&WAR 別冊編 3 (花とゆめCOMICS)感想
いちゃいちゃ甘々過ぎて、床屋で読んでて恥ずかしくなった…。
読了日:05月15日 著者:弓きいろ
アランの歯はでっかいぞ こわーいぞアランの歯はでっかいぞ こわーいぞ感想
2017年低学年課題図書。歯磨き推奨絵本かと思ったら違った。いるよね、こういう人って、大人でも。アランの歯は実は…。知った時は、えー?!まさかの!!絵も色もいい。ワクワクする色遣い。
読了日:05月17日 著者:ジャーヴィス
耳の聞こえないメジャーリーガー ウィリアム・ホイ耳の聞こえないメジャーリーガー ウィリアム・ホイ感想
2017年中学年課題図書。知らなかった。当たり前だと思ってたことの初めがこんなことからだったなんて。1800年代に耳が聞こえなくても、野球選手になれたってことも驚きでした。
読了日:05月17日 著者:ナンシー チャーニン
すばこすばこ感想
2017年低学年課題図書。本当に入るのかな?と思ってたけど、ちゃんと巣にするのね。うちでもしてみようかな?住処の少なくなって来た今だからこそ、役立つかもしれない。参考図書も書いてあったので、ちょっと読んでみよう。中1次女と小4三女の自由研究にもいいかも。最後に詳しい解説と写真が載っていたのが良い。
読了日:05月17日 著者:キム・ファン
身代わり伯爵の冒険 (角川ビーンズ文庫)身代わり伯爵の冒険 (角川ビーンズ文庫)感想
コミックスを読んでるのでサクサク読了。勢いがありつつ、正しい少女小説。この分野は廃れたらいけないね、うん。
読了日:05月17日 著者:清家 未森
くろねこのどんくろねこのどん感想
2017年中学年課題図書。昭和感漂う作品だなぁと思ったら、バリバリ昭和の作品4冊を1冊にまとめたものです。物語の起伏が激しくないので、好き嫌い分かれそう。現実と空想を行ったり来たりの内容で、安房直子っぽいなと思ったが、安房直子ほど力がないのが残念。私世代はこの手の本は結構読んだし、慣れてるけど、今の子にはどうだろう?現実と空想の間にいられるだけの想像力が必要だし、年齢にもよるかなぁ?最後の結婚式も、あの頃の自分なら「素敵!」って思ったかもしれないけど、今の自分だと、何で?って感じだった。
読了日:05月18日 著者:岡野 かおる子
空にむかってともだち宣言空にむかってともだち宣言感想
2017年中学年課題図書。難民のイメージは幼い頃のカンボジア難民と、ニュースで見るシリア難民。ミャンマーは軍事政権と聞いたが、こういう理由で難民になる人もいると知った。留学生がいる一方で難民もいる。世界は思ったらより複雑だ。あいりの元気の良さが気持ちいい。ナーミンがからかわれるシーンでは、胸が痛くなった。無知は罪だ。私達はご近所さんレベルで、もっといろんなことを知る必要がある。この本だけでなく、ミャンマーを調べてから感想文を書いて欲しいな。きっと世界が広がる。
読了日:05月19日 著者:茂木 ちあき
なにがあっても ずっといっしょなにがあっても ずっといっしょ感想
2017年低学年課題図書。信じることの大切さがテーマかな?主役は犬にサスケと少し年配の女性サチコさん。サチコさん一人暮らしなんだろうか?家族は?などなど背景を考えるが、別に独身でもいいわけで、最近の家族の多様化を考えるとそんな主人公がいてもいいんだと思った。ただ、やっぱり同年代の女の子必要だよね。サスケを「あんずちゃん」って呼ぶ女の子は可愛い。ここに感情移入するんだろうな。
読了日:05月19日 著者:くさの たき
干したから… (ふしぎびっくり写真えほん)干したから… (ふしぎびっくり写真えほん)感想
2017年中学年課題図書。小4の三女と読む。大好きな森枝さんの本。地味だけど人の知恵と素材の味が詰まりに詰まった乾物。鰹節って世界に誇る究極の乾物なんだと改めて認識。三女も嬉しそうに「椎茸は干す干し椎茸、大根は切り干し大根、ブドウは干すとレーズンになるんだね!!すごいね!家でもできるね!」と大喜び。夏休みに作ってみようね。と約束した。これで書かせてみよう。それ以上に途中出てきたネズミや蛙やコウモリの干物を「これはどうやって食べるんだろうね?焼くのかな?水で戻すのかな?」と興味津々だった。
読了日:05月20日 著者:森枝 卓士
霧のなかの白い犬霧のなかの白い犬感想
2017年高学年課題図書。高齢者、障害者、外国人就労問題、スクールカースト、家族の問題等々、私たちの身の回りにある様々な差別が散りばめられていて、これはどこに収まるんだ?と途中思ったが、最後はちゃんと収まった。物語上ではナチスだったが、これは日本でもあり得ることで、同じ道を進んでしまうかもしれないと危惧する部分もある。大きな問題は身近なところに潜んでいる。最後はハッピーエンド、になるよう私達は日々を生きていくべきだ。…と思ったが、高学年、気づくか?
読了日:05月21日 著者:アン ブース
コレットは死ぬことにした 7 (花とゆめCOMICS)コレットは死ぬことにした 7 (花とゆめCOMICS)感想
今回は繋がりがテーマ。コレットは比較的脇役。彼女の目からみた兄弟弟子たちと、カロンとハデス様。カロンがますます好きになる巻。ハデス様ご招待ゲーム、付録につけませんか?
読了日:05月23日 著者:幸村アルト
転んでも、大丈夫: ぼくが義足を作る理由 (ポプラ社ノンフィクション)転んでも、大丈夫: ぼくが義足を作る理由 (ポプラ社ノンフィクション)感想
2017年高学年課題図書。初めて義足ランナーを見たのはロンドン大会のピストリウス。「パラリンピックなんて必要なくない?」と思うほど早くて自然で衝撃でした。その後、TVで義足ランナーを目にすることも多くなりましたが、みんな輝いて見えました。この本で、輝いて見えるのは一面だけで、見えない部分で彼らの苦悩や努力、何より技師の臼井さんの努力と挑戦があるのだと改めて知りました。スポーツする子だけではなく、サポートする立場の子も、今くじけそうになってる子もいろんなことを思うと思います。
読了日:05月23日 著者:臼井 二美男
むらの英雄 (エチオピアのむかしばなし)むらの英雄 (エチオピアのむかしばなし)感想
いいなぁ。落語みたいだ。みんないい人で平和だな。誰もバカにしたりしないで、最後は丸く収まる。これくらいおおらかがいいよね、現実も。
読了日:05月23日 著者:渡辺茂男
おみくじおみくじ感想
最後が、ああこれがループの始まりって感じ。嫌いじゃないぞ。このくだらなさ。
読了日:05月23日 著者:きた あいり
バナナじけんバナナじけん感想
最高!ワニのところで脱力して、実はね…のところで大爆笑。みんな律儀なんだから!!大好きだ、くだらなくてヽ(;▽;)ノ
読了日:05月23日 著者:高畠 那生
ひとりひとりのやさしさひとりひとりのやさしさ感想
「100まいのきもの」のようだが、読後感はあっちより重い気がする。「100まいのきもの」のような言い訳じみたとかそういうのなしで、無視し続けた事実だけが残るんだもん。きっとあの子は、前の学校でも同じような目にあってたのかも…。勇気を出して声かけたのかも…。と想像すると辛さ100倍。と思うと、次の学校でいい友達ができるといいなと思った。でも、最後に仲直りしないでよかった。あの結末でいい。
読了日:05月23日 著者:ジャクリーン ウッドソン
食べているのは生きものだ (福音館の科学シリーズ)食べているのは生きものだ (福音館の科学シリーズ)感想
高校生の時、中国でスズメを食べた時、命を頂いてるんだと実感し、それ以来意地汚いと言われようと残さなくなった。主婦になって命を無駄にしないように始末をつけるようになった。まさにそれを写真と難しくない言葉で示してくれる。義務教育で必読だよね。「干したから」で出て来た、ネズミとコウモリの干物は焼いて食べるそうな。スッキリ!
読了日:05月23日 著者:森枝 卓士
チキン! (文研じゅべにーる)チキン! (文研じゅべにーる)感想
2017高学年課題図書なんでも正直でまっすぐ故に、人とトラブる凛。いい子で強い子。でも生きづらだろうなぁと思っちゃった日色タイプの私です。「転校生が来るね。男かな女かな?楽しみだね」何で普通に会話が成立しないんだ。ってところで妙に日色に入れ込みましたが、途中、嵐くんに首ったけ。藤谷さんと凛をもうちょっと見たかったな。
読了日:05月23日 著者:いとう みく
ぼくたちのリアルぼくたちのリアル感想
2017年高学年課題図書。こう言う問題が課題図書になるとは、いい時代になった。と昨年も書いた気がする。大人から見ると3人がキラキラしてる。当事者の子達には身近に感じる部分もあり、憧れる部分もあるんだろうな。LGBTに関しては、偏見なしに受け止めて欲しいが、その辺はまだ難しいかな?課題図書としては攻める1冊だった。書き上がった感想文読みたい!
読了日:05月25日 著者:戸森 しるこ,佐藤 真紀子
心霊探偵八雲 ANOTHER FILES  いつわりの樹 (角川文庫)心霊探偵八雲 ANOTHER FILES いつわりの樹 (角川文庫)感想
なんかすんなり読めると思ったら、やっぱ前に読んでた!悲しいボタンのかけ違い。そして、この事件の裁判はどうなるんだろう??
読了日:05月27日 著者:神永 学
爆弾のすきな将軍 (Children & YA Books)爆弾のすきな将軍 (Children & YA Books)感想
おもちゃを持つと自慢したくなるのは人の性だね。たくさんいるなぁ、そう言う人。子どもだな、と思いながらも、今日もニュースはお隣の国のミサイル発射を伝えている。いつになったら終わるのやら…
読了日:05月29日 著者:ウンベルト エーコ
カブキブ! 5 (角川文庫)カブキブ! 5 (角川文庫)感想
重いだろうなぁと思ってた唐臼くん。やっぱり傷は深かった。辛さがよく出てた。でも水帆の克服シーンはうるってきた。サッカー部の彼と恋に落ちたりしないだろうかとちょっとわくわく。御曹司も爽やかに活躍。面倒臭いとこもあるけど、いいね!青春モノって。渡子だけがどす黒く、負の部分。彼女の事ももっと知りたい。
読了日:05月30日 著者:榎田 ユウリ

読書メーター

nice!(1)  コメント(0) 

まとめてTweet 2017/05/30 [まとめてTweet!]


nice!(0)  コメント(0) 

4月読書 [読書いろいろ]

今月は、突然の異動で全く読めず!
来月は読むぞー
4月の読書メーター読んだ本の数:18読んだページ数:2974ナイス数:219終わりのセラフ 3 (ジャンプコミックス)終わりのセラフ 3 (ジャンプコミックス)感想また女の子が一人登場。なんだかとってもやかましいが、またまたでかい過去を持っていそう。でも、絶対死亡フラグだよね。読了日:04月08日 著者:山本 ヤマト
終わりのセラフ 4 (ジャンプコミックス)終わりのセラフ 4 (ジャンプコミックス)感想ほーら来た来た!やっぱりー!?と言う展開。お姫様だっこかよ!!という突っ込みもしておこう。今まで人間サイドから吸血鬼を見ていたが、吸血鬼側からの言い分もあるらしい。あの状況で吸血鬼殲滅部隊を潰してしまえるのに、そうしない。そこに何かがあるのだろうなぁ(あれ?読み落とした?)フェリド様が好き。すがすがしいわ、この人。読了日:04月08日 著者:山本 ヤマト
終わりのセラフ 5 (ジャンプコミックス)終わりのセラフ 5 (ジャンプコミックス)感想少しずついろいろなことがわかってきたが、実はまだ何もわかっていない状態。人間ってなに?どういう存在?と疑問を投げかける。まだまだ信用できるかわからない周りの人たち。さてさて…読了日:04月12日 著者:山本 ヤマト
終わりのセラフ 6 (ジャンプコミックス)終わりのセラフ 6 (ジャンプコミックス)感想吸血鬼側もいろいろあると言うことがわかった巻。いつすりあわせられるのか見物だが、なんか、最後が見えてきたような気がしちゃう。読了日:04月12日 著者:山本 ヤマト
終わりのセラフ 7 (ジャンプコミックス)終わりのセラフ 7 (ジャンプコミックス)感想シノアの立ち位置がわかってきた7巻。そうよね、こんな態度じゃどうにもならないわよね。ちょっと本気だすのかな?読了日:04月14日 著者:山本 ヤマト
終わりのセラフ 8 ドラマCD同梱版 (ジャンプコミックス)終わりのセラフ 8 ドラマCD同梱版 (ジャンプコミックス)感想表紙ちがーう。チームを意識するようになった優ちゃん。何と無くいい連携になってきました。フラグか?そして、ミカが病み始めた。読了日:04月16日 著者:山本 ヤマト
終わりのセラフ 9 (ジャンプコミックス)終わりのセラフ 9 (ジャンプコミックス)感想グレンのことがちょっとだけわかる巻。この子達、やかましいよね。どうしてわざわざ自分の居場所知らせるように叫ぶんだろ。不意打ちしちゃえばいいのにっていう卑怯な大人です。読了日:04月16日 著者:山本 ヤマト
終わりのセラフ 10 (ジャンプコミックス)終わりのセラフ 10 (ジャンプコミックス)感想優ちゃんって実はバカ?ミカの思いは聞いてあげないの?一人で語っちゃってさ…というのが印象。残されたシノア達と捕まったグレンと、君月妹が最大の鍵に。読了日:04月16日 著者:山本 ヤマト
終わりのセラフ11巻 アニメDVD同梱版 ([特装版コミック])終わりのセラフ11巻 アニメDVD同梱版 ([特装版コミック])感想大どんでん返し!まあそうだろうな、と予想はできていたが…。これでミカと優ちゃん達は孤立することに。読了日:04月16日 著者:山本 ヤマト 降矢 大輔 鏡 貴也
終わりのセラフ 12 (ジャンプコミックス)終わりのセラフ 12 (ジャンプコミックス)感想フェリドと合流。新たな事実が発覚。読了日:04月16日 著者:山本 ヤマト
魔女の下僕と魔王のツノ(1) (ガンガンコミックス)魔女の下僕と魔王のツノ(1) (ガンガンコミックス)感想壮大なストーリーと萌え要素の塊かと思ったら、ギャグだった…読了日:04月16日 著者:もち
魔女の下僕と魔王のツノ(2) (ガンガンコミックス)魔女の下僕と魔王のツノ(2) (ガンガンコミックス)感想ロイドのお話中心。ちゃんと過去があったのねー読了日:04月17日 著者:もち
ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~ (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~ (メディアワークス文庫)感想最後までハラハラドキドキだった!北鎌倉の雰囲気も古書の独特な香りも、薀蓄も恋愛もみんな楽しかった!幸せなひと時をありがとうございました。読了日:04月28日 著者:三上 延
パパと親父のウチご飯 6 (BUNCH COMICS)パパと親父のウチご飯 6 (BUNCH COMICS)感想チャラ男君が参戦!きっとおもしろい料理が展開されていくんだろう。彼の幸せを祈る。読了日:04月29日 著者:豊田悠
七つ屋志のぶの宝石匣(4) (KC KISS)七つ屋志のぶの宝石匣(4) (KC KISS)感想待ってたのー!赤い石に一歩近づいた感じはある。続き気になるけど、そのほかのお話も面白かった!デンドリティックアゲートって言うのね?鉱物の本で見たわ〜!素敵!読了日:04月29日 著者:二ノ宮 知子
魔女の下僕と魔王のツノ(3) (ガンガンコミックス)魔女の下僕と魔王のツノ(3) (ガンガンコミックス)感想男が不憫だ…。読了日:04月30日 著者:もち
魔女の下僕と魔王のツノ(4) (ガンガンコミックス)魔女の下僕と魔王のツノ(4) (ガンガンコミックス)感想アルセニョの過去が!気になる展開。エリック家族とルイスが素敵。読了日:04月30日 著者:もち
魔女の下僕と魔王のツノ (5) (ガンガンコミックス)魔女の下僕と魔王のツノ (5) (ガンガンコミックス)感想おっぱい談義で終わったような…思った以上にロイドふぁイケメンだった。読了日:04月30日 著者:もち
読書メーター
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -